ゴルフレッスンを受けても上達しない理由は?上手くなるためのコツは?

golfer-woman-k 未分類

「レッスンを受けているんだけど、全然上手くならない!」

「コーチの言うことがよく分からない!」

ゴルフの練習場やゴルフ仲間が集まる場所でよく聞くフレーズですよね!

 

ゴルフのレッスンについては、いくつか思い当たることがあります。

 

私は長い間ゴルフをやっていますが、上手な人がレッスンを受けているのを

ほとんど見たことがありません!

 

レッスンを受けている人の多くは、長い間上達しないで悩んでいるタイプの人か、

初心者かのどちらかですよね。

 

これに対して、ある程度の域 (レッスンを受ける必要がないレベル=上級者)に達している

ゴルファーなら、調子の悪い時やスイング改造時であっても、

そう大したレッスンは不要で、レッスンプロやコーチ、あるいはゴルフ仲間の

ちょっとした指摘やアドバイスで充分改善可能なのでしょう!

 

レッスンを受けている人の多くのゴルファーの中には、

「継続してレッスンを受けているのに、一向に上手くならない!」

と悩んでいる人も少なくないと思います。。。

 

では、

「レッスンを受けているのになぜ上手くならないのか?」

「それには理由があるのかどうか?」

「どうしたらゴルフが上手くなるのか?」

ゴルフのレッスンにありがちな問題について考えていきたいと思います。

 

ゴルフレッスンを受けてもなんで上手くならないの?

 

ゴルフを始めたばかりの人がレッスンを受けるのは、とても良い事だと思います。

 

特に今までにクラブを握ったこともない人がレッスンプロやコーチについて学べば、

コーチングの内容も素直に聞けるでしょうし、スイングの変な癖がつく前ですから

大きな効果が期待できるでしょう!

 

それに対し、ある程度のキャリアがあるにも関わらずいつまで経っても

上手くならない人の場合はレッスンの効果には疑問があります。

 

では、レッスンが効果的ではないパターンをいくつか挙げていきましょう。

 

ゴルフのレッスンが効果的ではない代表例

woman-ng-a

自己流・我流

まず、ゴルフのスイングがまったくの自己流(我流)で、

しかも自分のスイングが認識できていないタイプの人です。

 

このタイプの人は、自分がどういうスイングをしているのかが分かっていないので、

そのことをレッスン等で指摘されてもその内容が理解できないし

修正することもできないのです。

 

それにこのタイプの人は、ゴルフのキャリアが長ければ長いほど難しくなります!

 

長い年月をかけて定着したスイングって、そんなに簡単には変えられないですよね。

 

レッスンを素直に聞くことが出来ない

次に、レッスンプロやコーチのアドバイスを素直に聞かず我を貫くタイプの人です。

 

このタイプのゴルファーって結構多いのではないかと思います。

 

私の周りにはかなり多いです。

 

おそらく、私もそのうちの一人かもしれません!笑

 

自分が出来ていないのにもかかわらず、

アドバイスに対して「いや、そうじゃない」とか「これで良い」といった感じで、

素直に聞けないんです。

 

また、たとえ聞いたとしても、内心信用していなかったりします。

 

だから、このタイプの人は、レッスンを受けてもあまり効果がないと思いますし、

「そもそもレッスンを受ける気が無いのでは?」

と感じてしまいますよね!笑

 

レッスン間の練習で元に戻ってしまう!

直近のレッスンで身につけたスイングや考え方が、その後の単独練習で

元に戻ってしまうパターンです。

 

レッスンとレッスンの間に比較的練習量の多い人にありがちだと思います。

 

直近のレッスンでは出来ていたスイングが、次回のレッスンの時にはまったく出来ていない、

以前のスイングに戻ってしまっていることって案外多いような気がします。

 

レッスンで良い感触を得ると、

「その感触を定着させるために少しでも復習をやっておきたい!」

という気持ちはよく分かります。

 

でも、その練習中にちょっとでも方向がずれたりすると、どんどんずれていき、

やがて元に戻ってしまうのです。

 

特に練習量が多いとそれだけずれが大きくなって元に戻るのも

早くなってしまったりします。。。

 

せっかく練習するのなら、上手くなりたいので、注意したいですよね!

 

アドバイスや指摘の意味が理解出来ていない!

これにはいくつかの原因があるのですが、その原因で最も多いと考えられるのは、

教える側と教えてもらう側とのコミュニケーション不足です。

 

マンツーマンのレッスンであればまだ良いのですが、

グループレッスンのように複数の生徒さんが同時にレッスンを受ける場合、

限られたレッスン時間の中でコミュニケーションがうまくいっていないと、

何をどうしたら良いのか分からないまま時間だけが経過し、

気がついたらレッスンが終了していた!

 

なんて事も考えられます。

 

「とりあえず何かやらなきゃいけない!」

ということで、良く理解できていない状態で練習を続けるのも良くないですしね!

 

教える側(レッスンプロやコーチ)に問題がある

難しい事ばかりを言われても、初心者やゴルフの専門用語に詳しくない人にとっては、

難しいゴルフ用語や理論ばかり並べられても分からない時ってありますよね。

 

練習場の隣の打席で聞いていると、

「このコーチ、けっこう難しい事ばかり言ってるけど、生徒さん分かっているんだろうか?」

と感じることがあります。

 

やっぱり、分かりやすい言葉や理論で教えて欲しいですよね。

 

また、生徒が

「何が出来なくて困っているのか?」

をきちんと分かってもらえない場合もあります。

 

単純な事や基本中の基本に多いですよね。

出来ていて当たり前のことは当たり前に理解して出来ると思い込んで

レッスンをしているコーチも案外多いです。

 

でも、その当たり前の“専門用語“が分からなかったり、

”当たり前のこと“が出来ていなかったりするのが、

初心者だったりアベレージゴルファーなんですよね!

 

プロやコーチは、自分がそういった上手くできない経験をあまりしてきていない人が

多いでしょうから、中にはそういう先生もいます!

 

仕方のない事だとは思いますが、分かってもらえない事ってけっこうありますよね!

 

どうすればレッスンで上手くなる?

golf-woman-worry-a

ゴルフって、ほんの一部の人を除けば、やっぱり基本がしっかり出来ている人の方が

レッスンの内容を受け入れ易く、効果も期待でき上達も早いですよね!

 

スイングが自己流だと受け入れるのも難しいし、時間もかかります。

 

その点、初心者の人はこの辺りの障害は無いので、効果も期待できるでしょう。

 

ちゃんとした基本のスイングを身に着けるためには、

ゴルフを始めると同時に変な癖がつく前に是非レッスンを受けましょう!

 

厳しい事を言うようですが、教えてもらう人がまったくの初心者である場合を除けば、

短期にレッスンの効果を期待するのは難しいと思います。

 

特に癖のあるスイング(自己流とか我流)の持ち主は、

そうでない人よりもはるかに難しいでしょう!

 

それ相当の時間をかければこの限りでは無いとは思いますが。。。

 

それを覆すための鍵は、

「スイングを基本に戻せるかどうか?」

「一からやり直す気があるかどうか?」

です。

 

スイングに癖が無く、ある程度基本が出来ている人は別ですが。。。

 

もしもあなたに、ある程度のキャリアがあって上達のためにレッスンを受ける気が

あるのであれば、

「一度、自分のゴルフを完全にリセットしてからレッスンを受ける!」

くらいの決意が必要でしょう!

 

とても難しい事ではありますが、これができれば、ゴルフはレッスンで確実に良くなります!

 

必ず上手くなるはずですよ!

 

まとめ

golf-shot-l

ゴルフレッスンは正しく受ければ、上達の近道になります。

 

あなたにあったコーチを見つけて、素直にレッスンを受けて

正しい練習を続けていけば確実に上手くなります。

 

また、ゴルフレッスンを受けるからには基本からやり直すくらいの気持ちじゃないと

すぐに元に戻ってしまうので、なかなか上手くはいきません。

 

もし、あなたが今ゴルフに行き詰まっているのなら、ゴルフレッスンを受けて

やり直してみるのも良いかもしれませんよ!

タイトルとURLをコピーしました