冬のゴルフの防寒対策はどうする?アウター・インナー・グッズを紹介!

golf-snow-a 未分類

「真冬にゴルフ?」

ゴルフをやらない人が聞いたら、ちょっと不思議な感じでしょうね!

 

「こんな寒い時期に、そこまでしてゴルフをやるの?」

って感じですよね!

 

でも、どんなに寒い日でも、誘われたら

「行ってみようかな?」

と思ってしまうのがゴルファーの性ですよね!

 

寒さなんてゴルフのためには関係ないんです。

 

私も積雪さえ無ければ行っちゃいます笑

 

そんな日はゴルフ場も空いていますから、すいすいラウンド出来て快適な時さえあります!

 

秋から、冬を迎えるこの季節。

 

ゴルフをするのに、寒くてつらい日もあるのも分かります。

 

でも、誰ですか?

「寒い日のゴルフはお休み!」

なんて言っているのは!

 

防寒対策をしっかりとしていけば、寒い日のゴルフだって楽しいですよ。

 

それに、1mの真っ直ぐ打てば入るパーパットをポロっと外せばすぐに熱くなりますから笑

 

しっかりと防寒対策さえすれば、少々の寒さは大丈夫!

 

これから紹介する防寒アイテムを有効に活用して、寒さの厳しい真冬でも

快適にラウンドしましょう!

 

雪が降り出しても、ゴルフをしている私が、ゴルフの防寒対策教えちゃいますよ。

 

あると便利な防寒アイテム

protection-against-cold-a

あると便利な防寒アイテムを紹介します!

 

最近では寒さ対策用のアイテムも数多く販売されていますから、

有効に活用して真冬のラウンドでの寒さをしのぎましょう!

 

インナー

各メーカーから、数多くの冬用(防寒)インナーが販売されています。

 

上下ともこれらの機能性インナーを使って防寒対策しましょう。

 

最近では、発熱性、保温性、透湿性、速乾性にも優れたインナーがありますから、

寒い時期のラウンドには、欠かせないアイテムですよね!

 

安くて良いものが欲しいというのであれば、やっぱりユニクロのヒートテックですね!

 

やはり、インナーはこれに限ります。

 

ニットセーター

インナーに合わせて、ニットのセーターを上に着ると暖かいし、

何よりかさばらないし動きやすいですね。

 

スイングに影響が出にくいのが良いです!

 

ウインドブレーカー(ブルゾン)

ニットセーターでは少し寒いと感じる時は、インナーの上にウインドブレーカーやブルゾンを

合わせるのが良いですね!

 

もちろん、冬用の暖かい素材のものを選びましょう。

 

ダウンジャケット・ベスト

スイング時もさほど気にならないという方であれば、

ダウンジャケットやベストも良いと思います。何といっても暖かいですからね!

 

プレーする時には抵抗あるという方も、カートでの移動中やコース内を歩く時は

一着あると良いかもしれませんね!

 

オーバーパンツ

スキーウェアの感覚に近いオーバーパンツ。

 

先ほどの冬用インナーと合わせても良いですね。

 

サイズ的にもゆったりとしたものが多いですから、夕方近くになり寒いと感じたら、

パンツの上からさっと重ね着出来るのも便利ですよね!

 

ニット帽

普段はサンバイザーやキャップという方も、真冬は暖かいのでニット帽がおすすめです。

 

ネックウォーマー

寒い時期のゴルフには欠かせません!

 

必需品ですよね。

 

肌を露出しない事、特に首回りを冷やさないだけで、体の暖かさが違います。

 

最近は、お洒落なネックウォーマーが多いですから、ウェアとのコーディネイトも

楽しみの一つですよね。

 

レッグウォーマー

足元の冷え対策にはレッグウォーマーが有効です。

 

特に冬でもスカート派の女性には欠かせないアイテムですよね!

 

防寒用手袋(ミトンタイプ:両手)

カート移動中やプレーしない時に、手が冷えますよね。

 

そんな時、両手に防寒用グローブはどうでしょうか?

 

手の冷たさが気になる方はぜひ試してみて下さい。

 

グローブの上からでも余裕のミトンが良いと思います。

 

ミトンの先の部分にカイロを入れる袋(チャック式)が付いているものがありますから

チェックしてみて下さい。

 

スイングしない時は、ミトンで手をカバーしておけば暖かくて快適です。

 

ホットドリンク

温かい飲み物があると、体の中から温まりますよね!

 

真冬の野外でも温度が下がらないボトルがあると重宝しますよ!

 

寒い時期の野外では、サーモボトルがマストアイテム!

 

従来のボトルに比べれば少し重くなりますが、極寒のコースで温かい飲み物を

すぐに飲めることを思えば、少しくらい重くなっても持っていかない手はありません。

 

カイロ

インナーに貼って使うものと、手持ちのものと両方あるといいです。

手持ちのものは、スイングしない時に手の中でもんでいると指先が暖かくて快適ですよ。

 

パンツのポケットに入れてラウンドすれば、腰のあたりが暖かいですし、

時々は手も温められますから重宝しますよ。

 

私は手の冷えが気になるので、ミトンの手袋にカイロを入れています!

 

防寒の注意点

caution-a

色々と防寒アイテムを挙げましたが、どれもあると便利ですよね!

 

ですが、気を付けないといけない事もあります。

 

これらの防寒グッズは確かに暖かいですが、特にウェアに関しては動きが

悪くなったりすることもありますから注意が必要です。

 

いくら防寒といっても、モコモコで動きにくければゴルフになりません。

 

やるからには良いゴルフがしたいですよね!

 

要はスイングに影響があるようでは問題だと思うのです。

 

そしてもう一つの注意点は、暖か過ぎて汗をかいたりウェア内部が濡れることです。

 

寒い日のラウンドでも、走ったりバタバタすれば汗をかきますし、

汗をかかなくても結露によって濡れてしまうことも考えられます。

 

この汗や濡れは、後々冷えにつながる可能性があるから注意が必要です!

 

ゴルフに最適な防寒アイテムは!

snowman-b

防寒もしたいけど、しっかりとしたスイングもしたいし、良いゴルフをしたい!

 

そんなあなたにおすすめな防寒対策を紹介します!

 

スイングに影響しないものを選ぶ

golf-shot-i

防寒対策をしても、スイングに影響が出るようなものではゴルフになりません。

 

厚着をしたり、モコモコにならないようにすることが重要です。

 

暖かい服というのはかさばるのが特徴で、ボリュームがあり過ぎると重くなったり、

動きにくいというデメリットが発生します。

 

防寒インナーは年々性能が良くなっていて、薄手にもかかわらず着ているのと

着ていないのとでは体感温度が随分違ってきます。

 

防寒インナー1枚とアウターだけで十分快適だという人も多いのではないでしょうか?

 

これらの防寒アイテムを駆使して普段と変わらないゴルフを目指しましょう!

 

トップスは機能性インナー(冬用)+ニットあるいは

機能性インナー(冬用)+ウインドブレーカー(ブルゾン)で充分です。

 

最近のアンダーシャツは本当に薄手なのに暖かいですからね。

 

ダウンジャケットやダウンベストも暖かくておしゃれなのは良いですが、

スイングにはマイナス材料ですよね。

 

ボトムスは防寒パンツ(裏起毛&ストレッチタイプ)で充分暖かいです。

このタイプのパンツがあれば、インナー(タイツ)は要らないですね!

 

少し厚手ですが、ストレッチタイプであれば動きにも影響はありません。

それだけでは頼りないという方は、薄手のインナー(防寒タイツ)を併用すれば十分でしょう。

 

機能性インナー(冬用)+オーバーパンツというのもありますが、少々モコモコになりますし、

コーディネイトも難しいですよね!

 

真冬にオシャレやコーディネイトなんて関係ないという方はこれも良いかもしれません!

 

一番暖かいですから!

 

汗で冷えないように注意

スポーツをする時は、体が徐々に温まるため汗をかきますよね!

 

温めることも大切ですが、寒さを感じる原因には汗も大きく関係していますから、

素材という点では、吸水性や速乾性に優れたものが必要です。

 

ユニクロのヒートテックのような吸湿発熱素材のインナーも人気がありますが、

スポーツシーンでは、やはりミズノのブレスサーモに代表される速乾性吸湿発熱素材の方が

良いと思います。

 

吸湿性発熱素材というのは人の体から出る水蒸気を熱に変えるという素材ですが、

これに速乾性がプラスされ、汗で体が冷えてしまわないような工夫もされていますから、

長時間汗をかく可能性が高いゴルフには最適です。

 

補足ですが、登山用の防寒インナーは先ほどの発熱性、保温性、透湿性、速乾性の

全てが考慮されています。

 

値段も高く生地が厚手のものが多いのですが、防寒力はピカイチですから、

ゴルフでも試してみる価値はあると思いますよ!

(ただし、スイングしやすいかは微妙ですが。。。)

 

防寒対策の方法

 

防寒対策のグッズをそろえても、それだけではまだ少し寒いかも。

 

着方やその他の方法を教えちゃいますね。

 

ボトムは、ヒートテックのタイツをはいて、その上から、パンツ、ウインドパンツとすると

いいですよ。

 

パンツ自体が、キルティングやダウンのものもあるけれど、熱くなってきたときに脱げないので、

ウインドパンツの方がいいんです。

 

カイロは、太ももの内側、背中、など太い血管が通っているところがおすすめ、

スイングの邪魔にならないようにね。

 

太い血管を温めると、血液が温まるのが早く、暖かい血液が全身に行くのが早くなるので、

体が暖かく保たれます。

 

それから、スイングの時に気にならなければ靴下に貼るカイロを張っておくと、

足の指先が冷えずにいいですよ。

 

私は、ボトムはヒートテックのタイツに秋冬物のゴルフパンツ、その上から

気温に合わせて、ウインドパンツ、靴下にはカイロを張っています。

 

トップスはヒートテックのシャツに、ポロシャツ、トレーナー、背中にカイロを張っています。

 

もちろん、ネックウォーマーやニット帽を使ってますよ。

 

その日の気候で、その上にウインドウブレーカーやダウンベスト、ダウンジャケット等を

合わせれば寒さなんておさらばです!

 

着こみすぎて体が動きづらくならないように、特に左の肩甲骨あたりから腕の動きに注意して

上着を選びましょう。

 

体が回らず、自分では気が付かないうちにスイングが小さくなっていることがありますからね。

Goluluが冬ゴルフが楽しくなる「あったかウエア&グッズ」をご紹介!【VictoriaGolf通信vol.23】

 

まとめ

 

golf-course-p

私のおすすめ防寒コーディネイトはこちらです!

 

冬用インナー+ウインドブレーカー(ブルゾン)のトップスに、防寒パンツ

 

見た目もスリムで、実はとっても暖かです!

 

もちろんスイングの妨げにならない範囲でその他の防寒アイテムもコーディネイトしましょう!

 

ネックウォーマー、ニット帽、カイロ(ポケットに入れておきましょう)

 

そして、手が冷たいと感じる方は防寒用手袋(ミトン)は必須ですね!

 

自分に合った防寒対策をして、真冬でも快適にラウンドしましょう!

 

ゴルフの防寒対策は、

「防寒グッズの活用して体温を逃がさないこと」

が大切です。

 

特に服の着方や、足首、手先、首回りをどうするかで寒さも大分違いますよ。

 

ゴルフをするのですから、体の動きが妨げられないで、防寒対策をするのがベストですよ。

 

防寒対策をして、この冬は、みんなでゴルフ場を熱くしちゃいましょう!

タイトルとURLをコピーしました