パターにカーボンシャフトは有り?メリット・スチールとの違いは?

golf-putter-al 未分類

最近、TVでプロの試合を見ていると、男子も女子もパターに

カーボンシャフトを挿している選手をちらほら見かけるようになりました。

 

ゴルフショップに行けば、パターにはスチールシャフトが挿さっているのが

ほとんどですが、プロが使うくらいだからカーボンシャフトも

きっと良いのだろうと思い、カーボンシャフトのパターを試し始めた私が、

パターにカーボンシャフトを挿すメリット、デメリットをお伝えします!

 

スチールシャフトとカーボンシャフトの違い

golf-putter-am

スチールシャフトはスチール素材で作られたシャフトです。

 

簡単に言ってしまえば鉄の棒です笑

 

スチールシャフトは重くしなりが少ないのが特徴です。

 

長い番手のクラブであれば重くてしならないシャフトでは

飛距離を出すことは難しいですが、

パターであれば飛ばす必要が無いのでクラブ全体の重さを活かして

ブレが少なくストローク出来ます。

 

パターと言えばスチールシャフトが標準で挿されているのが一般的です。

 

カーボンシャフトはその名の通り、カーボン素材で作られたシャフトです。

 

スチールシャフトと比べると、軽くてしなりやすいのが特徴です。

 

「しなりが大きいとブレやすいし、パターって正確に打てた方が良いから

スチールの方が良いんじゃない?」

と思うかもしれません。

 

でも、そうでも無いんです!

 

適度なしなり感があるとストロークのリズムが取りやすくなります。

 

それに、パターはドライバーショットのように思いっきり打つことは

ほぼありません。

 

そのため、カーボンシャフトの方がしなるといっても、

方向性がブレるような大きなしなり方はしません。

 

上手にしなりを使えば、スムーズにストロークが出来るんです!

 

 

 

なぜパターにもカーボンシャフトを入れる?

カーボンシャフトというとドライバーやフェアウェイウッドといった

長い距離を打つクラブに入れるシャフトのイメージがありますよね!?

 

また、アイアンにも飛距離やボールの高さを出すために

カーボンシャフトを入れるゴルファーが増えています。

 

でも、パターは飛距離を出す必要が無いクラブなのに、

なぜパターにもカーボンシャフトを挿すのでしょうか?

 

ヘッドの重さを感じやすい

カーボンシャフトは軽くてしなりがあるので、

スチールシャフトよりもヘッドの重さを感じながらストロークをしやすいです。

 

シャフトのしなりに合わせてストロークすることで

うち急いでしまったり、手打ちになって押し出したり引っ掛けたりすることを

防ぐことも出来ます。

 

カーボンシャフトのパターを本番で使うのはもちろん良いですが、

パターの練習として使うのもありですね!

 

打感が柔らかくなる

カーボンシャフトはスチールシャフトと比べると、

打感が柔らかくマイルドになります。

 

そのため、柔らかい打感が好きな方は

カーボンシャフトの打感の方が合うかもしれませんね。

 

転がりやすくなる

カーボンシャフトはスチールシャフトに比べるとしなりが大きくなります。

 

決して大きくしなるわけでは無いですが、適度にしなりがある分、

同じストロークであってもカーボンシャフトの方が転がりやすくなります。

 

そのため、ショートが多いゴルファーには転がりが良い

カーボンシャフトの方が合うかもしれませんね!

 

打点のブレに強い

カーボンシャフトは技術の進歩によってかなり高性能な物になっています。

 

カーボンシャフトの構造を工夫することで、

打点のブレに強くなっているシャフトもあります。

 

パターって意外と芯を外してしまうことがありますし、

ミスがミスにならないとスコアにも良い影響があるので良いですよね!

 

持っているパターのシャフトをカーボンシャフトにするには?

golf-putter-aa

「パターのシャフトをカーボンシャフトにしてみたいなと思うものの、

新品をわざわざ買うものな。。。」

 

「今使っているパターのヘッドを気に入っているから、

ヘッドはそのままでシャフトだけ変えたい!」

 

なんて思っているあなた!

 

パターのリシャフト(シャフト交換)はいかがでしょう?

 

ゴルフクラブのシャフト交換の費用はどのくらい?安く済ませる裏技とは?
練習していて、ボールをしっかりとらえたナイスショットのはずなのにボールが曲がったり、 思ったより飛ばなかったりなんてことはありませんか? クラブでボールの芯を捉えているはずなのに、何となくしっくりこなくて違和感がある という方もい...

 

リシャフトはご自身でも出来なくは無いですが、

ゴルフショップやクラブ工房でお願いすれば出来ますよ。

 

カーボンシャフトと一言で言っても、シャフトの特性は様々です。

 

そのため、あなたのストロークにあったシャフトを見つけて使用するのが一番です。

 

そこで、パターシャフトを試打、のフィッティングをしてから

気に入ったシャフトにリシャフトするのがおすすめですよ!

 

カーボンシャフトのパターの注意点

caution-a

カーボンシャフトのパターは良いこともたくさんありますが、

注意したいこともあります。

 

ベントシャフトは無い

最初からシャフトが曲がっている、

ベントシャフトのカーボンシャフトは今の所ありません。。。

 

ベントシャフトが好みのゴルファーにとって

カーボンシャフトの選択肢が無いのは厳しいですね。

 

高価

ウッド用、アイアン用のシャフトでもそうですが、

スチールシャフトに比べてカーボンシャフトの方が高価です。

 

カーボンシャフトの方が設計の自由度が高く、開発の手間がかかるので

その分、割高になるのは仕方がないことかもしれませんね。

 

ただ、ウッドやアイアンと違って、パターであれば1本だけなので

思い切って買ってしまうのもありかもしれません!

 

まとめ

golf-putter-an

パターにカーボンシャフトは昔からありましたが、

技術の進歩によって高性能なカーボンシャフトを作れるようになったことで

パター専用のカーボンシャフトも販売されるようになりました。

 

そのため、プロゴルファーがカーボンシャフトのパターを使用したりと、

パターにカーボンシャフトを挿すということが見直され始めています。

 

また、半分カーボン、半分スチールなんていうパター用のシャフトもありますね。

 

私もカーボンシャフトや半分カーボン、半分スチールの

シャフトのパターを試してみましたが、

普段と同じストロークでもスムーズに転がって打ちやすく感じました。

 

ただ、普段通りのグリーンの読みだとラインを深く読み過ぎてしまったので、

そのパターの転がりにあったラインで打っていかないといけないので

慣れるまで時間がかかりそうですね。。。

 

また、カーボンシャフトは設計の自由度が高く、

シャフトによって微妙にしなり方が違ってきます。

 

そのため、多種多様なシャフトがありますが、あなたに合う一本が見つかれば

きっとパッティングもかなり向上するはずです。

 

パターに悩みの尽きないゴルファーは多いですが、

もし、パターに悩んでいるようであれば、

カーボンシャフトを試してみても良いかもしれませんんね!

タイトルとURLをコピーしました