ゴルフ用サングラスの選び方!色は何がいい?UVカット・偏光は必要?

golfer-v 未分類

あなたは、普段ラウンド中にサングラスを使っていますか?

 

一昔前はプロゴルファーでさえサングラスを付けてプレーしているのを見たことは

ありませんでしたが、最近ではサングラスを付けていない人の方が少ないですよね。

 

「初心者なのにサングラス付けてプレーするのはちょっと。。。」

「サングラスを付けていると格好つけているように見える。。。」

なんていう風に思ってはいませんか?

 

でも、最近は昔に比べて紫外線も強くなっていて、太陽の元に裸眼のまま長時間いると

目にも良くない影響があります。

 

また、サングラスを付けることによって目の保護にもなりますし、

サングラスを付けてのゴルフはマストになってきています。

 

それにゴルフの時に使用するサングラスは選び方でゴルフのスコアに影響するんです!

 

そのため、プロゴルファーもかけている方が多いですよね。

 

プロゴルファーの場合、スポンサーの問題もあってかけている場合もあるけれど、

サングラスをかけている方がゴルフのラウンドがしやすいという方もいるみたいです。

 

では、どのようなサングラスがゴルフに向いているのでしょうか?

 

レンズの色や種類、形等様々なサングラスがあって悩みどころですよね!?

 

そんなサングラスについて、ゴルフの時にどんなものを選ぶのが良いか、

サングラス選びでかなり悩んだ私がゴルフをしやすいサングラスについてお伝えしていきます。

 

ゴルフのプレー中にサングラスをかけることの効果は?

sunglasses-b

ゴルフは太陽の元行うスポーツで、18ホール回るまでに5時間以上かかります。

 

そのため、長時間日光を浴びることになります。

 

そうなると当然、紫外線を長時間浴び続けることになります。

 

紫外線を浴びるのは肌だけではありません。

 

知らず知らずの間に目も紫外線を浴びています。

 

紫外線を浴びすぎると、白内障などの目の病にかかってしまうリスクもあるので、

サングラスはあなた自身を守るための必需品ですね!

 

また、サングラスをかけると、

  • 肉眼よりもボールが見えやすくなったり
  • グリーンの傾斜が見えやすくなったり
  • 花粉や埃の影響を受けにくくなったり

と良いことがたくさんあります。

 

特に、グリーンの傾斜が見えやすくなれば、パッティングも良くなるので

サングラスをかけることでスコアアップしてしまう可能性だってあるんです!

 

私は乱視が入っているんですが、それが原因かは分かりませんが、

晴天の日は特にサングラスをしないとグリーンの傾斜や凹凸がよく分からないんです。

 

私のゴルフには、サングラスは必須ですね!

 

「サングラスなんてかけたことない!」

というそこのあなた!

 

この機会にサングラスをかけてみませんか?

 

ゴルフ用サングラスを選ぶポイント

point-a

サングラスはついついデザインで選びがちですが、ゴルフに向いているサングラスもあります。

 

レンズの色や種類で特性が違うので、あなたにあったサングラスを見つけましょう!

 

レンズの色は何色が良い?

golfer-b

サングラスはどんなものでも良いという訳ではありません。

 

色が濃すぎると太陽の光は防げますが、ボールが見にくかったり、

グリーン上でラインがわからないため外さなければならなかったりしてしまいます。

 

そうなっては意味がないですよね。

 

ゴルフに向いている色・向いていない色を紹介します。

 

ゴルフに向いている色
グレー系

まず、おすすめの色がグレー系です。

裸眼に近い見え方が出来て、サングラスをかけていない時の見え方との差が

一番無い色です。

 

光を平均的にカットするので自然な感じで眩しさが消えて扱いやすい色です。

 

目になじみやすく、今までサングラスをあまりしなかった方にもおすすめの色ですよ。

 

グリーン上でもラインが見やすく、視野はクリアになっていますが、

難点は曇りの日は見えにくくなることですね。

 

ブラウン系

ブラウン系もグレー系と同様にでサングラスを付けてみようかなと思っている方に

おすすめの色です。

 

グリーン上でのラインが見えやすく、わざわざパターを打つ時に

外さなくて済むのは楽ですね!

 

また、ブラウン系は光をカットするほかに、コントラストをくっきりさせる色です。

 

そんため、物の輪郭がはっきりとわかるのでボールも追いやすく、

見やすいのもいいと思います。

 

グリーンの傾斜も見やすいので、ゴルフには一押しの色ですよ。

 

イエロー系

視界を明るくしてくれるので、曇天時や夕方の使用に最適です。

 

ただ、晴天時はグレー系やブラウン系の方が見やすいですね。

 

サブで使うサングラスとして持っておくには良い色ですね!

 

ゴルフに不向きな色
グリーンなどの濃い色

今まではおすすめの色をご紹介してきましたが、

逆にゴルフをプレーするのに不向きな色はどのようなものでしょうか?

 

それはグリーン等ゴルフ場にある色のものはゴルフ場の自然の色と重なり、

見えにくくなります。

 

また濃い色も見えにくいので慣れが必要になるので初めてサングラスをかける際には

おすすめできないです。

 

ただ私はサングラスをかけて中の目が見えるのが嫌だったのと、

格好良さで濃い色の物を選びました。

 

そのため、ゴルフ場で使うまでに慣れるためにしっかりと練習場で練習しました。

 

でも、グリーン上ではどうしてもイメージがわかなかったので外していました。

 

いちいちかけたり外したりするのが面倒ではない方にはおすすめですね!

 

レンズの性能や種類・デザインはどう選ぶ?

sunglasses-a

レンズの性能

サングラスのレンズの性能を測る指標として、

  • 可視光線透過率
  • 紫外線透過率

があります。

 

可視光線透過率

可視光線透過率は光を通す割合のことです。

 

0〜100%で表現されます。

 

0%は光を遮断した真っ暗な状態で、100%は光をそのまま通す裸眼に近い状態です。

 

可視光線透過率が高くなるにつれてレンズは薄くなっていきます。

 

  • 夏場のように太陽の眩しさをカットしたい場合は、10%前後
  • 晴天・曇天で兼用したい場合は、20%~30%

がおすすめです。

 

紫外線透過率

紫外線透過率は紫外線をどれくらい通すのかを割合にしたものです。

 

数値が低いほど、紫外線をカットする効果が高くなります。

 

紫外線透過率はレンズの色の濃さやレンズの厚さで決まるものではありませんので

レンズの見た目だけで紫外線透過率は判断できませんのでご注意を!

 

レンズの種類

レンズの種類としては、

  • UVカット
  • 調光
  • 偏光

等の機能があるものがあります。

 

レンズの種類によって特性が変わってくるので、あなたにあったレンズの種類を選びましょう!

 

UVカットレンズ

その名の通り、紫外線をカットしてくれるレンズです。

 

夏場は特に紫外線が強く、目の負担も大きくなるのでUVカットレンズが良いですね!

 

調光レンズ

太陽光(紫外線)によってレンズ濃度がかわります。

 

偏光レンズ

偏光レンズは眩しさや反射光をカットしてくれるレンズです。

 

レンズとレンズの間に偏光フィルムという特殊なフィルムが入っていて

眩しさを軽減してくれます。

 

通常のレンズは、単純に光量を制限するだけですが、偏光レンズは乱反射した光をカットして、

ギラギラした光を抑え見やすくなります。

 

視界がクリアになって、グリーンの傾斜もみやすくなったりするので、

ゴルフに最適ですね。

 

サングラスのデザインは?

golf-putter-m

サングラスのデザインは直接性能に関係はありませんが、やっぱりどうせなら

かっこいい方が良いですよね!

 

スポーツタイプ

スポーツタイプのサングラスはフロントの下や横にフレームが無いため、

視野が広くなるのでプレーがしやすいです。

 

ウェリントンタイプ

オーソドックスなサングラスの形状です。

 

スポーツタイプと違って、普段使いしても問題無いデザインなので、幅広く活用出来ます。

 

ゴルフのみで使用するならデザインはスポーツタイプがおすすめ!

サングラスの形としては、オシャレとしてデザインを選ぶのも楽しいですが、

出来ることであれば、スポーツタイプの少し両サイドにレンズが回り込んだものが

おすすめですよ。

 

横からの光が入り込むのを防いでくれます。

 

また、普段、眼鏡を使用している方は、クリップタイプのものや、

スポーツ用のサングラスの内側にレンズをセットできるのもあるんだよ。

 

普段私は眼鏡をかけているんですけれど、眼鏡をしてのサングラス選びでかなり悩んだんです。

 

今は、ゴルフの時は裸眼にサングラスのスタイルに落ち着きました。

松山英樹プロと同じものを使えばゴルフが上手くなるかもしれない!

 

まとめ

driving-range-k

自分に合うサングラスが見つかるとゴルフが楽しくなりますよ。

 

どんな選び方が正解というよりは、自分で見やすいものが一番です。

 

サングラスをしていれば、目にも優しいので疲れ方も違ってきますしね。

 

もしサングラスをしてゴルフをしてみようかなと思ったら、

さっそくサングラスを購入しに行きましょう!

 

始めてサングラスを使う場合はコースですぐ使うのではなく、

一度練習場で練習してみてからにしてみて下さいね。

 

また、偏光レンズと言って太陽光を抑えてくれるレンズや、

紫外線をカットしてくれるレンズもあります。

 

決して高級なものではないので、ゴルフのためにサングラスを買う場合は

そういった機能が付いたレンズをおすすめしますよ!

 

日差しの強い日のゴルフで一度、サングラスデビューしちゃいましょう!

タイトルとURLをコピーしました