もっと飛ばしたいゴルフ女子へ!どうすれば飛距離アップする?

golfer-woman-q 未分類

最近の黄金世代を始めとした若い女子ゴルファーの飛距離はすごいですよね。

 

最近の若い女子プロはすらっとしていてスタイルもよく細いのに

なぜあんなに飛ばせるのか、不思議です。

 

アマチュアゴルファーの女性達と何が違うのか、気になるところですね。

 

確かに、思いっきりスイングして、ボールが遠くに飛んでいくととても気持ちいいですよね。

 

ゴルフにおいて、飛距離が出るのは魅力的な事ですね。

 

一緒に回っていて、他の同伴者より1Yでも前にあると嬉しいし、優越感に浸れますよね!?

 

また、飛距離が出るということはアドバンテージにもなり、スコアアップにも繋がってきます。

 

ただ、そう簡単にはうまくいくわけもなく、なかなか飛ばないのが現実です。

 

ゴルフを始めると、誰でも一度は

「もっとボールが飛べばなぁ・・・」

って考えることありますよね!?

 

今日はドライバーの平均飛距離210ヤードの自称飛ばし屋の友人がおすすめする

飛距離アップを願う女性のために誰でも簡単に飛ばせるようになるコツと

簡単トレーニングを紹介します。

 

もっと遠くに飛ばしたいと思っている方必見です!

 

飛距離が出ない原因

question-d

飛距離が出ない原因は多々ありますが、多くの場合はフィニッシュの形を改善すると

飛ぶようになります。

 

「私はちゃんとフィニッシュ取れているわ!」

と思った方、そのフィニッシュ本当に綺麗に決まっていますか?

 

ゴルフ初心者の女性が陥りやすいのが、クラブを担いでしまっただけの

縮こまった小さなフィニッシュです。

 

いわゆる「よっこらしょフィニッシュ」です。

 

そのフィニッシュだとボール打つ前からスピードは落ちていき、

ボールが飛ばない原因となっています。

 

綺麗なフィニッシュのチェックするポイントは打った方向に

しっかりと右肩が向いているか、フィニッシュで上半身が浮いていないかです。

 

女子プロのような綺麗なかっこいいフィニッシュをとるためには体をしっかりと捻転させ、

最後まで、スピードを緩めてはいけません。

 

このフィニッシュができるとボールを打ってからもスピードが落ちることなく、

フィニッシュまで一連の動きに見えます。

 

体を捻転させるので、知らない間にウエストも細くなりますよ!

 

練法は素振りで、ボールがある場所を通ってからクラブが走るシュッという

音を出せれば完璧です!

 

女子ゴルファーの飛距離アップのコツ

思いっきり振ろう!

空振りやチョロしてしまうのを避けて、ボールに当てようと必死になってはいませんか?

 

確かに、ゴルフクラブの芯をとらえたボールは飛んでいきますが、

一番重要なのはヘッドスピードです。

 

どれだけ早くクラブを振れるかがボールの飛距離に繋がってきます。

 

確かにPGAツアーの選手のゴルフクラブの軌道、目に見えなくないですか?

 

さすがにそこまではできないですが、ご自身のできる限りの速さで

ゴルフクラブを振る事を考えましょう。

 

始めはボールに当たらなくてもいいので、ゴルフクラブが

どれだけ早く回せるかだけを考えて練習してみて下さい。

 

ボールがあるとなかなか思いっきり振れない場合は素振りでも大丈夫です。

非力な人でもカンタンに飛ばせる「飛ばしの秘訣」を教えてもらった!

 

力を抜こう!

思いっきりゴルフクラブを振ると疲れますよね。

 

そうすると力が入らなくなってくると思います。

 

だんだん無駄な力が抜けて程よい力感で振れるようになります。

 

今の若い女子プロを見ても力が入っているようには見えないのに、よく飛びますよね。

 

そこがポイントで、無駄な力を抜いていかに必要最低限の力だけで

思いっきり振れるかが大事です。

 

これができるようになると力のない女性でもボールに力が伝わりますし、

無駄な力が入っていないので、ラウンドでも最後まで、疲れる事なく

18H回る事が出来ます。

【即実践可能!】女性でも飛距離アップするグリップの握り方

 

グリップを変えてみる!

ゴルフはボールが右から左に曲がるフック軌道の方がよく飛び、

ボールの回転上、落ちてからよく転がるので結果的に飛距離が伸びると言えます。

 

スイング内でフックのボールを打とうとすると、ボールに当たらなくなったり、

難しくなってしまいます。

 

一番簡単なのが、グリップをストロンググリップと言われるフックグリップに変える事で、

ボールの軌道を変える事が出来ます。

 

いつも握っているグリップをそのまま右方向に動かしてください。

 

やりすぎてもだめなので、少しずつ動かしていって、ボールを打って確認しながら、

試してみて下さいね。

 

ティーを少し高めにする!

これは少し裏技的な物ではありますが、ドライバーでティショットする時に

いつもより少しだけティアップを高くするとキャリーが少し伸びます。

 

実際、私のゴルフ仲間の方がティアップを高くしていて、細いのによく飛んでいました。

 

ただ、いきなりやるとテンプラばかりでむしろ飛ばなくなることもあり、

かなり練習が必要なので、初心者の方にオススメは出来ません。

 

飛距離アップのための3要素

飛距離アップのためにクラブやスイング以外にも出来ることはあります。

飛距離をアップするためには

  • 筋力
  • 柔軟性
  • 身体バランス

が重要です。

 

色んな雑誌や練習本を読んで一番しっくりきたのが、

この3要素をバランスよく鍛えることでした。

 

実際、私もこの3要素を意識し始めたらスイングが安定してきてバラツキも小さくなったし、

飛距離もぐんと伸びて、今ではドライバーの平均飛距離は210ヤードまで

飛ぶようになったので、かなりお勧めのメソッドです。

 

因みに、身体バランスというのは筋力や可動域が左右上下で偏っていないかどうかを指します。

 

上半身だけ筋肉ついていてもダメだし、利き腕の右腕だけ使えるのもダメ。

 

あと柔軟体操をした時、右半身の方が柔らかいけど、

左半身は硬くて痛くなっちゃう人いませんか?

 

ゴルフの基本は円運動なので綺麗な円運動をするためにも

この身体バランスが重要なのは分かってもらえるかと思います。

 

では、次からは具体的にどんなトレーニングをすればいいか

ご紹介したいと思います。

 

飛距離アップに必要なのは上半身より下半身!

training-a

ゴルフはクラブを振るスポーツなので腕っぷしが強い人の方が

ボールは飛びそうなイメージもありますが、

実は、腕よりもお腹から下の、下半身が強い人の方がボールは飛ぶ傾向にあります。

 

余談ですが、私の周りで一番飛ばすのは元サッカー部のちょっと細身の男性で

アマチュアだけどドライバーは男子プロ並みに平均280Yバンバン飛ばします!

 

下半身の筋力アップの為にお家で簡単に出来る筋力トレーニングといえば、

ずばり、

  • プランク
  • スクワット

です。

 

プランクで腹筋・背筋等、体幹を鍛えてスイングの安定性を、

スクワットで足を鍛えて瞬発力をつけて強いインパクトを目指します。

 

まずは、自分の体力に合わせて日々の生活の合間にちょっとだけ取り入れてみましょう。

 

柔軟性と身体バランスを身に付けるにはヨガがおすすめ!

柔軟性と身体バランスを身に付けると、大きなスイングが出来るようになるので、

ヘッドスピードがアップして結果飛距離アップに繋がります。

 

そんな柔軟性と身体のバランスを整えるためにはヨガがおすすめです。

 

更に、ヨガはゴルフに効くだけじゃなくて、肩こりにも効くし

ダイエットにもなるから一石二鳥以上ですよ。

 

最近ではYou tubeなんかでもヨガの動画が沢山あるので、是非参考にしてみて下さい。

 

そういえば、タイガー・ウッズをはじめとするトッププロたちも

最近ヨガをトレーニングに取り入れてるらしいです。

 

柔軟性や身体バランスだけでなく、呼吸法がメンタル面のコントロールにも良いんだとか。

 

本当に色々な面でヨガはゴルフに良いみたいですね。

 

まずは1ヶ月トレーニングを取り入れてみて下さい!

 

やっぱりトレーニングは持続しないと効果は表れないので、

まずは時間も回数も少なくてもいいので、まずは1ヶ月続けてみましょう。

 

それだけでも1ヶ月後には飛距離に変化がみられるかも。

 

飛距離をアップさせて同伴者をびっくりさせちゃいましょう!

飛距離アップ&弾道が高くなった秘密が明らかに…!塩田さんのトレーニング大公開。

 

まとめ

golf-ball-s

飛距離が出るというのはゴルフにおいて魅力の一つですよね。

 

一緒に回っている同伴者より前にボールがあると気持ちいいですし、

なんとなく優越感に浸れます。

 

皆さんも飛距離を伸ばして、ゴルフをもっと楽しんで下さいね!

 

コース上ではたくさんの事を考えてプレーするのは難しいので、マイナス思考は捨て、

楽しい事を考えてプレーして下さいね。

タイトルとURLをコピーしました