アプローチが苦手なあなたへ!ミスを減らすにはバンスを使うのがコツ!

golf-wedge-k 未分類

グリーン周りのアプローチで思いっきりチャックリしたり、どトップしたりすると

スコアも悪くだけでなく、テンションも下がってしまいますよね。。。

 

「アプローチがもっと上手くなりたいな〜」

と思っているそこのあなた!

 

アプローチでの大ミスを激減出来る打ち方があるんです!

 

それは何かというと、

「バンスを使って、バンスを滑らせて打つ」

です。

 

「バンスを使って打つ」

って聞いたことあるけど、具体的にどうするのかって分かりにくいんですよね。。。

 

そこで、アプローチでバンスを使って打つ方法を解説していきます!

 

バンスが使えるようになると、きっとスコアが安定しますし、

アプローチも簡単に打てるようになるので

グリーン周りのアプローチも好きになりますよ!

 

アプローチが苦手なゴルファーは多い

golfer-woman-aj

フルショットは出来るけど、打つ距離をコントロールする必要がある

短い距離のアプローチが苦手って方って多いですよね!?

 

フルショットであれば、スイングにスピードが付くの

変に小細工する必要はないので、勢いに任せて打てますが、

グリーン周りのアプローチのような短い距離だと

距離を合わせようとしてスイングが緩んだり、

逆に緩めないように意識したら強くインパクトし過ぎたりと

なかなか距離感が合わないなんてことがあります。

 

また、トップやダフリといったミスも出がちですし、

何よりアプローチだとチャックリをして

1Yも前に進まないなんてこともあります。。。

 

アプローチでミスをし続けていると段々アプローチが怖くなって

苦手になってしまうんですよね。

 

アプローチはきっちりボールを捉える必要はない

golf-wedge-i

アプローチが苦手はゴルファーのほとんどは

リーディングエッジを芝とボールの間に正確に入れなくちゃいけない

と思い込んでいます。

 

適切な入射角で芝とボールの間に入れると、

ボールがフェースに乗ってスピンのきいたアプローチが

打てそうなイメージがあります。

 

でも、これは非常に難しいことをやろうとしているんです。。。

 

ちょっとでもリーディングエッジが入る場所がズレたら、

ダフリやトップになってしまうので、

毎回安定してアプローチをするのは非常に難しいことです。

 

それに、ボールのライによっては更に難易度が上がります。

 

冬の薄い芝やベアグラウンドといった、

芝とボールや地面のスペースがほとんどない場面だと

ほとんど神業レベルのスキルが求められます。

 

ゴルフは1回の完璧なショットより、毎回安定してそこそこのショットが打てた方が

スコアは良くなります。

 

そして、アプローチでも同様で、1回の100点満点のインパクトよりも

毎回60点のインパクトが出来た方がアプローチで崩れにくくなります。

 

まずは、

「アプローチはきっちりボールを捉える必要はない」

ということを認識しましょう。

 

バンスを使ったアプローチとは?

golf-wedge-d

「アプローチはきっちりボールを捉える必要はない」

ということをお伝えしましたが、

では、どういう打ち方をすれば安定してアプローチが出来るのでしょうか?

 

安定したアプローチをするポイントはクラブのバンスを使うことです。

 

アイアンやウェッジにはバンス角が付いています。

 

アイアンやウェッジのソールには地面の方向に出っ張った形状をしています。

 

この傾斜角度をバンス角といいます。

 

サンドウェッジの選び方!あなたに合うロフト・バンス・ネックは?
ゴルフクラブ、特にウェッジはたくさんのバリエーションがあります。 ロフト、バンス、ネック、ソールの形状と選ぶ条件がたくさんありすぎて、 いざ購入しようと思っても、どのクラブが自分に一番合うか分からず、 結局見た目で...

 

このバンスを使うことでミスを軽減したアプローチが打てます。

 

バンスを滑らせる

golf-wedge-f

普通に打った場合、ボールの手前にクラブヘッドが入ってしまうと

ダフリになってしまいますよね!?

 

でも、それはリーディングエッジがボールの手前に入ってしまった場合の話です。

 

バンスを地面に当てるようにしてボールの手前からクラブヘッドを入れていくと

バンスが滑ってくれてダフリにならず、ボールにクリーンヒット出来るんです!

 

バンスは面が丸くなっているので、地面に当たっても滑ってくれるんですね!

 

バンスを滑らせるようにボールの手前から打っていくと、

インパクトがだいぶアバウトでも大きなミスになりません。

 

15ヤードのアプローチを打つとすると

バンスを滑らせる打ち方をすると

12Yキャリーして3ヤードのラン

になるとします。

 

たまたま上手く打ててしまって芝とボールの間に

きっちりリーディングエッジが入ってしまったとすると

14Yキャリーして1ヤードのラン

という感じになって、キャリーとランの割合は変わるものの、

トータルの距離はブレにくいので、

バンスを滑らせる打ち方をしておけば、

たまたま上手くインパクト出来てしまっても

距離感のズレは少なくなるので、距離感が安定しますね。

 

きっちりボールを捉えようとするとインパクトはかなりシビアになりますが、

バンスを使った打ち方であればボールの5cmくらい手前に入ってもOKなので

インパクトはだいぶアバウトになります。

 

「きっちり打たなきゃ!」

というプレッシャーもなく、気楽に打てるので精神的な疲労も減りますし、

インパクトのブレによる距離感のズレ幅の少ないので

安定したアプローチが出来るようになりますよ!

 

 

バンスを使うコツは?

バンスを使ったアプローチをするためのコツを紹介します。

 

バンスが多めのウェッジを使う

golf-wedge-a

バンスはアイアンにも付いていますが、

基本的にはウェッジの方がバンスが多く付いています。

 

そして、ウェッジのバンスは様々なものがあります。

 

一般的なウェッジのバンス角は8〜12度くらいですが、

バンスが多い、いわゆるハイバンスのウェッジの方がバンスを使いやすくなります。

 

そのため、バンス角12度以上のウェッジを使った方が

バンスを使ったアプローチが簡単に打てるようになりますね。

 

ハンドファーストに構えない!

ハンドファーストに構えると、

自然にリーディングエッジが地面に入りやすくなります。

 

そのため、バンスを滑らせるように打つためには、

ハンドレート気味にアドレスをする必要があります。

 

ハンドファーストに構えた方がクリーンヒットしやすそうですが、

バンスが使えなくなるので、ハンドレート気味にアドレスするのが大事ですね。

 

ややフェースを開く!

golf-wedge-h

ゴルフクラブのフェースを開くとバンスが使いやすくなって、

逆にフェースを閉じるとバンスが使いにくくなります。

 

そのため、少しだけフェースを開いた方が

バンスを滑らせるアプローチが打ちやすくなります。

 

バンスを使ったアプローチのメリット・デメリット

merit-demerit-a

バンスを使ったアプローチのメリットとデメリットを紹介します。

 

メリット

ミスが減らせる

バンスを使ったアプローチの最大のメリットはミスを減らせることです。

 

ゴルフは大なり小なりミスをします。

 

大きなミスを減らすことがスコアアップに繋がります。

 

アプローチではダフリやトップといった大きなミスをしてしまうと

短い距離からグリーンに全然届かなかったり、

グリーンをオーバーしてしまったりします。。。

 

これって結構精神的ダメージも大きいですよね!?

 

でも、バンスを使ったアプローチであれば

こういった大きなミスを格段に減らすことが出来ます。

 

リーディングエッジをきっちり芝とボールの間に入れる必要が無いので、

ボールの手前からクラブヘッドを入れてあげるだけで

普通にアプローチが出来てしまいますからね。

 

アプローチでピンに寄らなくても

グリーンを外すレベルのミスは格段に減るはずですよ!

 

スコアを安定させるためにはアプローチのミスを減らすことが

かなり大切なのでバンスを使ったアプローチは確実に身に付けたい技術ですね!

 

バンカーショットが上手くなる

golf-bunker-shot-a

バンカーショットってバンスを砂に当てて、エクスプロージョンショットをしますよね!

 

このバンスを使う感覚って、バンスを滑らせる打ち方にバンスの使い方が似ているので

バンカーショットにも効果があります。

 

バンスを地面に当てる感覚が分かってくると

バンカーショットでのエクスプロージョンショットの感覚も分かってくるので

相乗効果がありますね!

 

デメリット

ボールのライの判断が必要

golfer-woman-shot-ac

バンスを使ったアプローチはボールのライによっては上手く打てません。

 

そのため、ボールのライの見極めが重要です。

 

例えば、ベアグラウンドのように地面が硬いと

バンスが跳ねてしまってトップしてしまいます。

 

逆に雨上がりの地面のように柔らかい場所だと、

ソールが滑らずチャックリになることもあります。

 

ミスをしないためにも事前に素振りをしてソールが滑るかどうか

しっかりと確認してから打つようにしないと

バンスを使ったアプローチのメリットが無くなってしまいますね。

 

まとめ

golfer-woman-shot-i

バンスを使ったアプローチはアプローチの上達に必須のスキルです!

 

普通に打とうとすると、

リーディングエッジをきっちり芝とボールの間に

入れなくちゃいけないと思いますが、

これはかなり難しいことです。

 

バンスを使って、バンスを滑らせるようにアプローチを打てば、

インパクトはアバウトでOKですし、多少ダフっても全く問題ないです。

 

アプローチでダフリやトップが多いというあなたは、

ぜひバンスを使ったアプローチを練習して身に付けてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました