ゴルフに必須のキャディバッグ!カート式とスタンド式どっちを選ぶ?

caddie-bag-a 未分類

ゴルフをするためには必須のキャディバッグ。

 

キャディバッグの選び方って悩むことありますよね!?

 

「キャディバッグってどうやって選んだらいいんだろう?」

って疑問に思っているんじゃないでしょうか。

 

デザインやメーカーで「これだ」っていうのが大切だけれど、出来ることなら、

使いやすいものがいいものですよね。

 

初めてのキャディバッグは、先輩からもらったものだとか、

ゴルフクラブとセットのものをヤフオクやメルカリで買ったなんて方が

次のキャディバッグを買う時はなおさらですよね。

 

いざ、キャディバッグを買おうと思っても、

「キャディバッグにはどんな種類があるんだろう?」

「デザインだけで選んで良いのかな?」

と、選ぶポイントも悩ましいと思います!

 

私も今のキャディバッグを選ぶ時、だいぶ悩みましたからね!

 

そんな私が、キャディバッグの選び方の肝をお教えしちゃいますよ!

 

キャディバッグの種類

 

キャディバッグは大きく分けて

  • カートタイプ
  • スタンドタイプ

の2つに分類されます。

 

カートタイプ

caddie-bag-a

一般的に販売されているキャディバッグの大半がカートタイプです。

 

シングルストラップが一般的で片方の肩で担いで持ち運びます。

 

カートタイプのキャディバッグは比較的大きめで収納力が高いです。

 

口径も大きく、クラブの出し入れがしやすいです。

 

難点は重たいことです。

 

最近は軽量モデルも出てきていますが、3、4㎏はあるので持ち運びには苦労するかもしれませんね。

 

TVで見かけるプロの試合に出場しているツアープロ達が使用しているのもカートタイプです。

 

ただ、ツアーバッグといって一般的なよりさらに大きめのキャディバッグです。

 

ツアーバッグはツアーを転戦するプロのためのキャディバッグなので、

しっかりとした作りになっていますし、何より使っていたらかっこいいです!

 

大きいので幅を取り、車のトランクのスペースを取られたり、

重いので持ち運びに苦労するかもしれませんが、ラウンド中の使いやすさや

目立ち具合は秀逸です!

 

スタンドタイプ

caddie-bag-b

スタンドタイプはキャディバッグを担いでラウンドすることが前提に

作られているキャディバッグです。

 

ダブルストラップが一般的で両肩でリュックサックのように担いで持ち運びます。

 

ジュニアや学生はカートではなくて、担ぎでゴルフをするので、

この競技ではスタンドタイプを使っていますね。

 

スタンドタイプはその名の通り、スタンド(足)が付いています。

 

バッグを斜めにするとスタンドが出てきて立つようになっています。

 

そして、スタンドタイプは何より軽量に作られています。なので、持ち運びがしやすいです。

 

担いで回るのはもちろん、電車でゴルフ場に向かう時みたいに

長い距離を持ち運びしなくていけない場合はスタンドタイプの方が圧倒的に楽ですね。

 

軽い分、カートタイプより収納力は落ちますし、やや小さめの口径になるので、

クラブの出し入れもしにくくなります。

(あまり気にならないレベルですが。)

 

キャディバッグを選ぶポイント

check-a

キャディバッグを選ぶ時のポイントがいくつかあります。

 

それぞれ良し悪しがあるので、あなたの求める条件のキャディバッグを選びましょう!

重さ

キャディバッグを選ぶ上で重さはとても大事です。

 

クラブ(最大14本)+ボール等で重さ5〜6キロ程度になります。

 

それに加えてキャディバッグの重さが3〜5キロ程度なので、かなりの重さになります。

 

重量は軽量タイプで2kg台から、しっかりしたもので4Kg位のものが多いですね。

 

軽いほうが楽なんだけど、しっかりしたものを選ぶと重量は増えてくるので悩む所です。。。

 

ちなみに、私のキャディバッグは、3Kgで軽めのものを選んでいますよ。

 

クラブやボールの重量は大きく減らすことは出来ませんが、

キャディバッグの重さは素材やサイズ等によって選ぶことが出来ます。

 

ゴルフ歴が長い方はキャディバッグにもこだわりがあって、

これじゃなきゃダメというものがあるかもしれませんが、

初心者やキャディバッグにこだわりがあまりない方は

なるべく3キロ程度の軽い物を選んだ方が良いです。

 

重過ぎる物を選んでしまうと、練習場やコースに持っていくのが面倒になって、

そもそもゴルフから離れてしまうからです。

 

最近は3キロ以下の超軽量のキャディバッグもありますが、

収納スペースを減らすことで軽量化しているので、不便なものもあるので注意が必要です。

 

大きさ

キャディバッグの大きさ(長さ)にも注意が必要です。

 

ゴルフクラブの中でドライバーが一番長いクラブですが、

飛距離を求めてドライバーが長尺化しています。

 

もし、あなたが46インチ以上の長尺ドライバーを使用しているのであれば、

キャディバッグの長さが長尺にも対応していることを確認してから購入しましょう。

 

キャディバッグのサイズが今までより大きくする時は、

車載の事も考えた選び方が必要なんです。

 

今の車は、ラゲージスペースが狭く、キャディバッグを積み込みづらいのもありますからね。

 

私の仲間は今まで3バックでOKだったのが、キャディバッグを大きいものに変えたら

2バッグになってしまった人もいますからね笑

 

口枠のサイズ

口枠はキャディバッグの中でクラブがごちゃごちゃしないようにするために
設けられている仕切りのことです。

 

口枠のサイズは8〜9.5型が一般的なサイズですね。

 

軽量タイプだと6.5〜7型くらいになります。

 

ツアーバッグだと10型を超えるものもあります。

 

口枠のサイズは大きい方がクラブの出し入れはしやすいですが、

大きくなればその分キャディバッグ自体も大きくなり、重くなります。

 

重量とサイズの兼ね合いが必要ですよ。

 

口枠もいろいろありますね。使いやすさは人によって違ってくるんだけれど、

あまり奇抜なのは使いづらいです。

 

だから、口枠の選び方が大切になりますよ。

 

口枠のパターン

口枠パターンはキャディバッグによって様々で、3分割〜14分割くらいまであります。

 

口枠が多いと整理整頓はしやすいですが、クラブが引っかかりやすくなって

出し入れば面倒になります。

 

逆に少ないとクラブが煩雑になりますが、引っかかりにくくなります。

 

そのため、5〜7分割くらいが使いやすいと思います。

 

収納

キャディバッグには、ゴルフクラブの他にゴルフボールやグラブ等、様々なものを入れます。

 

キャディバッグの中に小物や雨具、ちょっとした食べ物や飲み物等も

入れておかなくてはいけないので収納力も選ぶポイントです。

 

収納スペースが大きく、ポケットが多いものほど収納力が高いと考えて良いでしょう。

 

私は比較的荷物少なめなので、収納はそれほどこだわりませんが、

自分がキャディバッグに何を入れるのかを考えて必要は収納力を満たす

キャディバッグを見つけましょう。

 

また、どこに収納するのかも大切です。

 

ファスナーが使いづらいところについているものや、

カートに積んだら使えないところも出てきますからね。

 

色や柄

色や柄の選び方は、それこそ、自分の好きなものや

「ビビッと来たもの」を選べばいいんですけど、

一つおすすめしたいのは、普段自分の感性よりも、派手なものを選ぶことです。

 

ゴルフ場で見ると多少派手な方が、映えますからね。

 

いつも行くゴルフ場だと、誰のキャディバッグってわかったりするけど、

キャディバッグのセンスがその人のセンスみたいに思われることもありますからね。

 

私は、白地に赤黒を使った、ルコックのキャディバッグを使っているんだけど、

白って結構映えるんですよね。

 

だけど、買う時はこんなに派手なのでいいのかなって悩んでいました笑

 

今は、選び方に間違いはなかった、買って良かったと思っていますけどね!

キャディバックを買いに行ってきました!【ダブルイーグル銀座店】

 

カートタイプとスタンドタイプどっちを選ぶ?

キャディバッグはカートタイプにするか?それともスタンドタイプにするか?

 

悩みますよね!?

 

あなたがジュニアや学生のように担いでゴルフをすることがなければ、

カートタイプのキャディバッグが良いと思います。

 

スタンドタイプは軽いのは良いのですが、スタンドが意外と壊れやすかったりします。

 

そのため、気に入ったキャディバッグを長く使うことを考えると、

耐久度が高めで収納力があって使いやすいカートバッグの方が良いです。

 

ただし、電車など長距離移動が多い場合は、軽量タイプのカートタイプの

キャディバッグを選ぶのが良いですね。

 

カートタイプのキャディバッグをおすすめしておきながら、

私自身はスタンドタイプのキャディバッグを使用しています。

 

一時期カートタイプのキャディバッグを使用していたこともありますが、

学生時代担ぎでラウンドしていたこともあり、

スタンドタイプのキャディバッグに愛着がありますし、

何よりスタンドタイプの軽さに慣れてしまうと、カートタイプには戻れませんね。

 

私はキャディバッグにそんなにたくさん物を入れないタイプなので、

収納についても問題無しです!

 

オススメのブランド

キャディバッグはゴルフクラブを作っている各メーカーからも販売されているので、

使っているクラブのメーカーに合わせるのも有りです。

 

ですが、アパレルブランドからもキャディバッグは販売されていて、

オシャレなものも多く、ゴルフ場で映えるので捨てがたいです!

 

特に、

  • le coq(ルコック)
  • PEARLY GATES(パーリーゲイツ)
  • TOMMY HILFIGER(トミーヒルフィガー)

あたりは派手目でカッコいいものが多いです。

 

また、ちょっと価格帯が高くなりますが、

  • 1PIU1UGUALE3 GOLF(ウノピュウノウグァーレトレゴルフ)
  • TFW49
  • V12(ヴィトゥエルヴ)

はめちゃくちゃカッコいいものが多いですね!

 

ゴルフ場で視線を集めまくりですよ!

 

まとめ

golfer-u

キャディバッグの選び方は悩む所ですよね!?

 

でも、キャディバッグの選び方って、基本的に好きなブランドや気に入った色とかで

良いと思います。

 

見た目が気に入れば使っていくうちにどんどん愛着も湧きますからね!

 

また、気を付けるべきポイントは、

  • 重量
  • 大きさ
  • 口径サイズ
  • 収納性

です。

 

ここがOKなら、思い切って「ポチッ」と買っちゃいましょう!

 

お気に入りのキャディバッグを見つけられれば、ゴルフがもっと楽しくなりますよ!

タイトルとURLをコピーしました