ゴルフのための体幹トレーニング!スイングの安定と飛距離をアップ!

未分類

レッスン書を読んでスイングチェックをし、YouTubeのゴルフチャンネルでスイングを確認。

 

翌日は、練習場で昨日覚えたことを練習しながら200球もしっかりと打ち込んだ。

 

「よし、これで明日のコンペはいけるぞ!」

 

でも、コンペ当日は、チョロにダフリ、挙句の果てはOBで散々のスコアに。。。

 

「もうどこが悪いのか分からない!」

と迷宮に迷い込んで悩んでいる方って多いんじゃないでしょうか?

 

私も同じでした!

 

それ、もしかしたらスイングの問題ではなく、

スイングに体の筋力が追い付いていないからかもしれません!

 

あなたはゴルフのスコアアップのために筋トレってしていますか?

 

私の周りでもジムに通っている方や、パーソナルトレーニングを受けている方が多くいます。

 

上級者になればなるほど、そして、ゴルフにのめり込めばのめり込むほど、

ゴルフの練習以外のことに力を入れている人が多いように思います。

 

そんな中でも特に「体幹トレーニング」をしているという方が多く、

スポーツをしている方なら必ず聞いたことがあるのではないでしょうか。

 

「体幹トレーニング」は飛距離がアップしたり、スイングが安定したりと

ゴルフのスキルアップにとても重要です!

 

上手に「体幹トレーニング」を取り入れてスコアアップを目指したいですね。

 

そこで、ゴルフに必要な「体幹トレーニング」をご紹介します。

 

そもそも体幹トレーニングとは?

「体幹」という言葉をよく聞きますが、そもそも体幹って何なんでしょうか?

 

体幹とは、体の中で、首から上、手、足を除いた部分のことをいいます。

 

つまり、体幹トレーニングはここにある筋肉を鍛えましょう、ということですね。

 

ゴルフの場合、腹筋や背筋、股関節回りの筋肉、肩回りの筋肉を鍛えましょう

ということになりますね。

 

体幹トレーニングをするメリット!

merit-a

ゴルフにおける体幹トレーニングは

  • スイングの安定
  • 飛距離アップ
  • インパクトの伸び上がり防止

腰痛予防

等メリットがたくさんあります。

 

スイングの安定

体幹が強くなればスイングの軸がぶれにくくなりますし、

安定したフォームで打てるようにもなります。

 

そうすると、ボールコンタクトのミスが減ってきて、ナイスショットする確率が高くなります。

 

結果として、飛距離と方向性も向上しますし、狙った場所にボールを飛ばしやすくなってきます。

 

ゴルフは狙った所に打つことが非常に重要なスポーツです。

 

スイングが安定すればスコアも良くなってきますね!

 

飛距離アップ

スイングに必要な筋肉が大きく強くなれば、その分大きな力を生み出すことが出来ます!

 

そうすると、それまで以上に飛距離も伸びるようになります。

 

スイングが安定することでより効率的なスイングになっていますし、

楽に遠くまで飛ばせるようになります。

 

インパクトの伸び上がり防止

インパクトの時に伸び上がってしまい、トップした時、

自分では前傾を保っているつもりなのに、仲間から、頭が上下してるよなんて言われて、

自分ではそんなはずはないなんて思うこと結構ありますよね。

 

ゴルフ練習場では、意識して何とか前傾を保ちながらスイングしているけれど、

ゴルフ場ではミスショットで、頭の中が真っ白になる時がありますね。

 

そんな時、体は素直なので、意識していれば出来ることでも頭が真っ白になり、

無意識の状態になってしまうとそれなりの筋力が無いと

すぐに動作が変わってきてしまうんです。

 

体幹が強くなればインパクトの伸び上がりもなくなるので、

無意識でもミスヒットが少なくなります。

 

腰痛予防

ゴルフは腰痛になりやすいスポーツなので腰痛持ちのゴルファーも多いです。

 

アドレスの前傾姿勢やスイングでの腰の回転が負担になりますからね。

 

ですが、体幹を鍛えることで腰にかかる負荷を軽減させられるので、腰痛も予防出来ます。

 

ゴルフに有効な具体的な体幹トレーニングメニューは何?

woman-sports-wear-a

「体幹トレーニングをすればゴルフがもっと上手くなる!早速やろう!」

と思ったあなた!

 

行動力は素晴らしいですが、ちょっと待って下さい!

 

体感トレーニングならなんでも良いという訳ではありません!

 

ゴルフに必要な筋肉に効くトレーニングが一番効果的です。

 

ゴルフに有効なトレーニングを紹介します。

 

プランク

【1分で分かる筋トレメニュー】プランクで体幹を鍛えよう | Smartlog

 

「体幹トレーニング」と言えばこれ!といったものです。

 

うつ伏せになった状態で前腕と肘、そしてつま先を地面につき身体を浮かせて、

そのままの態勢を維持します。

 

両肘をたたんで床に付け、肘と足で体を支えるトレーニングです。

 

腰をピンと伸ばし、屈折しないように気を付けて下さい。

 

一見簡単そうに見えますが、正しいフォームでやると、30秒ですらかなり辛いです。

 

私もやっていますが、1秒がものすごく長く感じられます笑

 

ここで鍛えられるのはお腹周りの筋肉で、スイングするときに軸がしっかりし、

安定したスイングを手に入れることが出来ます。

 

ただ、ゴルフはボディビルダーのような固い見せる筋肉ではなく、

柔らかい怪我がしにくい筋肉が必要なので、無理しない程度にして下さいね。

 

クランチ

【1分で分かる筋トレメニュー】クランチで腹筋を鍛えよう | Smartlog

 

仰向けに寝て、膝を曲げた状態で、背中を丸めるように上半身を起こします。

 

最初は、無理をせず、テレビを見ながらでも良いのでとにかく続けることです。

 

少しずつ筋肉がついて、体幹トレーニングの効果を感じると、

どんどん負荷をかけたくなってきますよ。

 

ダウンドッグ

ヨガの基本ポーズ「ダウンドッグ」の正しいやり方

 

ヨガをしたことがある方は聞いたことがあるのではないでしょうか?

 

四つん這いの状態からお尻を持ち上げ、犬が伸びをしているようなポーズになります。

 

ストレッチの要素も含まれますが、体を柔らかくすることが出来ます。

 

また、足首を動かすことによって、足首のストレッチにもなります。

 

足首が柔らかいと安定したスイングを手にすることが出来ますし、

たくさんの距離を歩いたとしても疲れにくくなります。

 

コブラ

1日5分のゆるヨガ! コブラのポーズ「ブジャンガアサナ」で胃腸改善!

 

床にうつぶせになって背中をそらす、コブラのようなポーズをとるトレーニングです。

 

体を反らすことによって背筋が鍛えられ、肩を動かすことによって

肩甲骨のストレッチをすることが出来ます。

 

ゴルフの飛距離をアップさせるのに背筋力はとても重要ですし、

肩甲骨を柔らかくすることによってスイングの時に無駄な力が入りにくくなります。

 

また、クラブの可動域が広がり、スイングが大きくなり、ヘッドスピードが上がります。

 

オーバーヘッドスクワット

オーバーヘッドスクワット

 

一見なんだかわかりにくいかもしれませんが、両手を万歳しながらスクワットするだけです。

 

慣れてきたら重い物を持ってやると負荷が上がって効果が高まります。

 

オーバーヘッドスクワットは両手を上げることによってスクワットする時に

反動がつけにくくなり、下半身だけでスクワットすることになります。

 

下半身を鍛えることは、飛距離アップ、スイングの安定性等、ゴルフの上達における

ポイントを押さえています。

 

スクワットするときに気を付けることは上半身が前のめりになったり、

反ったりせず、真っ直ぐに屈むようにして下さいね。

 

まとめ

core-training-b

ゴルフに有効な体幹トレーニングは、

  • プランク
  • クランチ
  • ダウンドッグ
  • コブラ
  • オーバーヘッドスクワット

です!

 

無理ないように「体幹トレーニング」をしてゴルフのスコアをアップ目指しましょう。

 

今までしていない方が無理にしてやり過ぎてしまうと怪我をしてしまう可能性があるので、

「少ししんどいな」と思うところで止めておきましょう。

 

適度なトレーニングで安全に鍛えましょう。

 

体幹トレーニングをすれば

スイングの軸が安定する。

  • 斜面でのスイングも、軸のブレが少なくなる。
  • 軸がぶれないので、ミート率が上がり結果、飛距離が伸びる。
  • スイングが安定するので、大叩きすることが少なくなる。

とゴルフスイングの向上に役立つ良いことばっかりですね。

 

ただ難しいのは、体幹トレーニングを続けられるかどうかということですね!

 

1回やっただけでは効果は薄いので、継続して初めて力になります。

 

体幹トレーニングをする習慣を身に付ければ上がり3ホールの大叩きもなくなって

ベストスコア更新しちゃうかもしれませんよ!

タイトルとURLをコピーしました