パンチショットの打ち方!ドライバーでも打てる?飛距離は落ちる?

golfer-woman-shot-v 未分類

テレビでプロの試合を見ていると、意外とプロゴルファーって

フルスイングする場面ってそう多くはないんですよね。

 

でも、我々アマチュアゴルファーはドライバーからウェッジまで

フルスイングばっかりしていますよね!?

 

打ちっぱなしにはなんでもかんでもフルスイングしているゴルファーが多いです。

 

そして、私もその一人でした笑

 

というのも、私は気付いてしまったんです。

 

プロが狙った方向にしっかりと打てるのは技術があるのはもちろんですが、

客観的に見ていて狙ったところに行きそうな打ち方をしているからです。

 

狙った方向へ打つための打ち方の一つがパンチショットです。

 

もしかしたら、パンチショットはあなたも聞いたことがあるのではないでしょうか?

 

でも、パンチショットを知っていても、

あなたはちゃんとパンチショットを打つことは出来ますか?

 

パンチショットをマスターすると、通常のショットにも良い影響がありますし、

コース戦略の幅も広がります。

 

そこで、パンチショットについて解説していきます!

 

パンチショットとは?

golf-iron-c

パンチショットというのは簡単にいうと、

インパクトを強くしたショットのことです。

 

通常のショットはインパクトしてからフォロースルーをしっかりとって

振り抜いていきます。

 

ですが、パンチショットはトップオブスイングもやや小さめになり、

インパクトでボールに当てて終わりという感じの打ち方になるので

フィニッシュも小さくなります。

 

パンチショットは通常よりロフトを立ててインパクトして、

打っていくため低い弾道になりやすく、方向性が良いショットになります。

 

低い弾道になるので、キャリーは通常のショットよりもやや落ちますが、

ランを含めたトータルの飛距離は通常のショットより若干落ちる程度です。

 

パンチショットはライン出しショットの一種なので、

狙った方向へ打ち出しラインを出していくため、方向性が良くなります。

 

そのため、グリーンを狙うショットでピンを狙っていきやすいショットです。

 

また、パンチショットはインパクトを意識するため、

練習にも良い打ち方です。

 

パンチショットと似た打ち方で

ノックダウンショット(スティンガーショット)

というショットもあります。

 

ノックダウンショット(スティンガーショット)とは?

ノックダウンショットは地を這うような超低弾道のショットのことです。

 

あえて打球の高さを出さず、強い打球で飛んでいきます。

 

タイガーウッズが打つノックダウンショットは

超低弾道で糸を引くように鋭く飛んでいく様から、

低空を飛び敵を撃退する携帯式防空ミサイルになぞらえて

スティンガーショットと呼ばれています。

 

タイガーウッズは2Iを使ったティーショットで

スティンガーショットを多用していました。

 

 

ノックダウンショットは超低弾道なショットなので、

風に強くて方向性が良いショットです。

 

ですが、転がって距離も稼げるため、

方向性を重視してティーショットを打ちたい場面で非常に有効です。

 

ただ、ノックダウンショットを打つのは非常に難しいです。。。

 

ちょっとミスしたらチョロになってしまいますし、

シングルプレーヤーのように上手な方でも

ノックダウンショットは打てないことも多々ありますからね。。。

 

ですが、ノックダウンショットを打てたらとてもかっこいいので、

練習してみても良いかもしれませんよ!

 

パンチショットの打ち方は?

golf-shot-ag

パンチショットが打てればコース戦略の幅も広がりますし、

ショットも安定します。

 

パンチショットはどうやって打てば良いのか気になりますよね!

 

そこで、パンチショットの打ち方を解説していきます!

 

アドレス

パンチショットを打つためにはまずアドレスでのボールのポジションが重要です。

 

パンチショットは通常よりロフトを立ててインパクトしたいため、

通常のショット時のボールポジションよりやや右足寄りにボールをセットします。

(右打ちの場合)

 

ボールポジションよりやや右足寄りにすることで

通常より早いタイミングボールに当たります。

 

そうすると、よりロフトが立ってダウンブローにボールを捉えやすくなるので

パンチショットが打ちやすくなります。

 

また、グリップは通常より少し短めに握ります。

 

そうすると、しっかりとボールにインパクトしやすくなりますし、

自然にコンパクトなトップになります。

 

トップオブスイング

パンチショットはややコンパクトなトップで打ちます。

 

コンパクトなトップにすることで、ボールのコントロールもしやすくなりますし、

ダウンブローでボールにヒットしやすくなります。

 

インパクト

パンチショットはボールをしっかり強くインパクトする意識が重要です。

 

分厚いインパクトをすることで強いボールが出ますからね!

 

強くインパクトするには手打ちではダメです。

 

腕の力に頼った打ち方だとどうしても分厚いインパクトにはなりません。。。

 

体幹の筋肉を使い、身体の回転で打てるとしっかりとしたインパクトになります。

 

強くインパクトすることを意識することで、

自然に身体の使い方も覚えることが出来ます。

 

また、パンチショットは方向性を重視したショットです。

 

そのため、インパクトゾーンでのフェースの開閉は少なくして、

フェース面がスクエアな状態をキープしてインパクトをします。

 

そうすると、打ち出しが安定して方向性の良いショットになります。

 

フォロースルー

パンチショットではフォロースルーは小さくなります。

 

ボールをヒットしたら終わりくらいの感覚でOKです。

 

実際にはボールにヒットしても勢いでフォロースルーが出てしまうので

結果として腰の高さくらいまでのコンパクトなフォロースルーになります。

 

 

ノックダウンショット(スティンガーショット)の打ち方

ノックダウンショットはパンチショットに打ち方は似ています。

 

ただ、決定的に違うポイントがあります。

 

ノックダウンショットはロフトを立ててインパクトはしますが、

ダウンブローに打ち込まず、緩やかな軌道で打ちます。

 

打ち込まず払うように打つことで過度にバックスピンがかからず、

低く打ち出してそのまま低い強い弾道になります。

 

理屈は分かってもなかなか低く打ち出して、

低いまま高さをキープする弾道を打つのは至難の業です。。。

 

練習を繰り返して感覚を掴んでみましょう!

 

 

 

パンチショットはどんな時に打つ?

golfer-woman-shot-j

パンチショットの特徴は低めの強い弾道で方向性が良いことです。

 

そのため、狭いホールのティーショットや風の強い日等、

方向性を重視したい時に有効です。

 

特にある程度飛距離を確保しつつ、

方向性も重視したいという状況で使えるショットです!

 

高いボールである程度キャリーを出していった方が最大飛距離を出すことが出来ます。

 

ですが、高いボールというのは風の影響を受けやすくなってしまいます。。。

 

高いボールほど対空時間が長いのでその分、風に煽られやすくなるんですよね。

 

風は不確定な要素が多く、風の方向や強さが打つ前と打った瞬間で

変わってしまうことがあるのでなかなか計算して打つのが難しいです。

 

ですが、低いボールであれば早めにランディングして、

風の影響を最小限にすることが出来ます。

 

そのため、多少風の読みが間違っても影響を抑えることが出来ます。

 

また、低いボールはキャリーこそ高いボールほど飛びませんが、

ランが出やすくなるので、状況によってはトータル飛距離では

低いボールの方が飛ぶことだってあります!

 

林の中に入ってしまったものの、前が開けていて低いボールなら

距離が稼げそうなシチュエーション等でもパンチショットは使えるので

打てるようになっておいて損はありませんよ!

 

パンチショットはドライバーでも打てる?

golf-driver-a

パンチショットはアイアンで打つことが多いですが、

ドライバーやフェアウェイウッド、ユーティリティ等、

ウッド系のクラブで打ってもOKです。

 

フェアウェイウッドやユーティリティであればアイアンと同じような感覚で

パンチショットが打てると思います。

 

ですが、ドライバーは基本的にティーアップして打ちますし、

クラブの長さも長くなるので少し感覚を変えないと

パンチショットは打ちにくいです。。。

 

ドライバーでアイアンのように打ち込んでパンチショットを打ってしまうと

過度にスピンがかかり過ぎてしまって低く打てず、逆に吹け上がってしまいます。

 

なので、打ち込む意識はせずに、払い打つように緩やかな入射角で打つのがポイントですね。

 

ドライバーでパンチショットが打ているようになると、

ティーショットでやや低く方向性の良いショットが打てるようになります。

 

そうすると、大曲がりもしなくなるので

狭いホールのティーショットのストレスも軽減されますよ!

 

パンチショットのメリット・デメリット

merit-demerit-a

パンチショットのメリットとデメリットを解説します。

 

メリット

方向性が良い

パンチショットはなるべくフェース面の開閉を抑えて

ラインを出して打っていく打ち方なので、方向性が良いショットになります。

 

しっかりと狙った方向へ打ち出せれば、

ボールのねじれも少なく真っ直ぐな弾道で飛ばせます。

 

そのため、短い番手でピンを狙う場合等にパンチショットを打っていきたいですね。

 

風に強い

パンチショットは通常のショットよりロフトが立って当たるため、

低い弾道になりやすいので、風の影響が少ないショットになります。

 

また、強いボールになるので風に強いショットです。

 

風が強い日にフルスイングをして、高いボールを打ってしまうと、

風に乗ってどこにいくか分からないなんてこともあります。

 

なので、風が強い日はパンチショットで確実に距離を稼いでいった方が

スコアが安定しやすいですね。

 

ゴルフで風は飛距離と方向性に影響する?スコアメイクのポイントは?
ゴルフは自然の中で行うスポーツですから、雨や風といった天候の影響を受けます。特に風の影響は大きく、強風になるとスコアを大きく崩すことがあります。キャリアの長いゴルファーなら、強風の中でラウンドした経験が何度かあると思いますが、ゴルフになりま...

 

ライが悪くても打てる

パンチショットは良い意味でインパクトがアバウトでも打てるショットです。

 

多少ダフったりしてもしっかりとインパクトするので、距離のロスも少ないです。

 

また、ダウンブローにボールを捉えるので、ディボット跡やベアグラウンド等、

ライが悪い場合に非常に有効です。

 

ライが悪くても距離を稼ぎたい場面ってありますよね1?

 

そんな時に飛ばそうとしてフルスイングしてしまうと、

ボールをしっかりとヒット出来ず、逆に全然飛ばないということが多々あります。

 

ですが、パンチショットならば、

コンパクトに打つのでボールをしっかりとヒットしやすく、

それなりに距離も稼ぐことが出来ます。

 

困った時はパンチショットを打っておけば

100点満点のショットとはいかずとも

確実に60点以上のショットにはなるのでスコアメイクに役立ちますよ!

 

ディボットはゴルフに付き物!適切な打ち方は?救済ルールはある?
ゴルフはたまに出るナイスショットが快感なんですよね!いつもは曲がってばっかりのドライバーでのティーショットも、たまに良い当たりをして真っすぐいって飛ぶと気持ち良いですよね!でも、そんな時に限って、2打目地点に行ってみたら、ディボット跡にボー...

 

デメリット

身体への負担が大きい

パンチショットはインパクトで通常以上に圧をかける打ち方なので

身体への負担が大きくなります。

 

体幹の筋肉をしっかり使って強くインパクトする打ち方ですが、

正しい力の入れ方が分かっていないと

どうしても手に力を入れて打ってしまいがちです。。。

 

そうすると、腕や肘等に負荷がかかってしまって、

怪我に繋がることもあるので注意が必要ですね。

 

パンチショットは100切りを目指すあなたにおすすめ!

hundred-a

パンチショットは強くインパクトするショットのため、

普段から練習していると自然にスイング中、

どこに力を入れれば良いのかが分かってくるので

段々をスイングが良くなり、飛距離も伸びていきます。

 

また、パンチショットは安定して距離を稼げるので

100切りを目指すゴルファーにぜひ覚えてほしい打ち方です。

 

パンチショットは曲がりが少なく、強い球が打てて、

ランが多めに出るショットです。

 

それにしっかりとインパクトをするショットなので、

スイングが緩むこともないのでダフリやトップといったミスもしにくいですし、

ちょっとのダフリやトップをしてもそこまで飛距離も落ちません。

 

ティーショットでも使えますし、パー4、パー5の2打目で

距離を稼ぎたい時にも有効なショットです。

 

男性であればユーティリティ等でパンチショットをすれば

150ヤード以上飛ばせます。

 

100切りを目指す場合、パーオンを狙うより、確実にグリーン周りに近づけて

アプローチでグリーンを狙うケースが多くなります。

 

そのため、地面から安定して飛ばせる打ち方を覚えておくと便利ですよ。

 

かっこよくフルスイングするのは見栄えは良いです。

 

ですが、フルスイングでは当たれば飛ぶかもしれないですが、

100切りを目指すレベルだと安定したショットを打ち続けるのはかなり難しいです。

 

パンチショットはフルスイングより多少飛距離は落ちますし、

スイングもコンパクトになるので手堅い打ち方になります。

 

100切りのためには1発の飛距離より安定性の方が重要です。

 

パンチショットを打てるようになって、100切りを目指しましょう!

 

まとめ

driving-range-t

パンチショットを打てるようになれば、ゴルフの幅も広がりますし、

安定したショットで飛距離を稼ぐことも出来ます。

 

風の強い日や林の中から低い球で距離を稼ぎたい場面等、

様々なシチュエーションで有効に使えますし、

スイング中、どこに力を入れたら良いかも自然に分かってくるので

練習としても良い打ち方ですね。

 

通常のスイングよりやや小さめなスイングにして、

強いインパクトにしてフォロースルーをあまり取らないのがポイントです。

 

コツが分かれば、きっとあなたもすぐにパンチショットが打てるようになりますよ!

 

素人にはパンチショットよりフルスイングをしている方が

かっこよく見えるかもしれませんが、

ゴルフが上手な方が見ると、

パンチショットで狙い澄ましたように打っていく姿は

「こいつ、めっちゃ上手いな!」

と感じさせます。

 

見た目にも上手に見えるゴルファーを目指してパンチショットをマスターしましょう!

タイトルとURLをコピーしました