パター練習にはパッティングレールがおすすめ!ショートパットに効果的!

golf-putter-ai 未分類

練習場では良い球を打っているけど、

コースに行ったらそこまで良いスコアで回れない

アマチュアゴルファーって多いですよね!?

 

私もですが笑

 

ショットは練習と本番ではだいぶ感覚が違うので、

練習出来ることをコースでするのはなかなか難しいんですよね。。。

 

でも、パッティング、それもショートパットは

かなり本番に近い形で練習することが出来ます。

 

よっぽど傾斜や芝目がキツいグリーンじゃない限りは

適切な強さで真っ直ぐ打てばほぼ入るわけですからね。

 

ゴルフのスコアアップにはパッティングの上達が必須です!

 

ロングパットはなかなか練習出来ないかもしれませんが、

ショートパットであれば自宅でも出来ます。

 

そして、ショートパットの練習に最適な練習器具もあるんです。

 

それはパッティングレールです!

 

パッティングレールはなかなか難しい練習器具ですが、

その分、効果は抜群ですよ。

 

パッティングレールとは?

 

ショートパットの練習器具でレールの上を、

ボールを転がすものがあります。

 

このレールがパッティングレールです!

 

The Rail(ザ・レール)という商品が有名ですね。

 

 

長さは1mくらいで、幅は3cm-4cmくらいの金属製の板で、

小さな穴の上にボールをセットして、レール上を転がします。

 

正確にボールをヒット出来ないとボールがレールから落ちてしまうので

良いストロークかどうかがはっきりと分かります。

 

良いストロークが出来ると、レールの上を真っ直ぐボールが転がって気持ち良いですよ!

 

ちなみに、パッティングレールは商品によって

ボールが転がる場所が溝になっているものもあります。

ボールが転がる場所が溝になっているものだと

ちょっとミスしてもレールからボールが落ちないので多少簡単になります。

 

本気でパターが上達したいのであれば、

溝無しの物を選んだ方が良いかもしれませんね!

 

ただし、めちゃくちゃシビアなので

なかなか上手くいかなくても根気強く練習しましょうね。

 

パッティングレールとパターマットを組み合わせる

golf-putter-aj

パッティングレールは単体でも練習は可能ですが、

パターマットと組み合わせることでより効果的な練習が出来ます。

 

【自宅でパット練習】パターマットの自作は出来る?必要な材料は?
あなたは 「Drive is show.Put is money(ドライブイズショー、パットイズマネー)」 という言葉は聞いたことがありますか? ゴルフは300ヤード飛ばしたとしても、10cmの距離のパッティングも...

 

パターマットのカップの延長線上にパッテイングレールを置きます。

 

そして、パッティングレールにボールを置いて、

カップに入るようにストロークします。

 

適切な強さ、適切なストロークが出来るとパッテイングレールの上を転がってから、

マット上を転がってカップインします。

 

パッティングレールだけだと、タッチの強さを意識せず

フェース面の向きやボールをインパクトする場所だけが

正しければ良かったのですが、パターマットを組み合わせることで、

適切な距離感も必要になります。

 

つまり、より実践的な練習になるということですね!

 

難易度は上がりますが、より実践的な練習でパッテイングの技術も向上するはずですよ!

 

パッティングレールの何が良い?

question-e

パッティングレールはパッティングでの正確なインパクトを身につけるのに最適です。

 

インパクトでフェース面がスクエアになっていないとボールは真っ直ぐ転がりません。

 

芯を外したり、フェースが開閉してスクエアになっていないと

真っ直ぐ転がらないので非常に難しいですが、

正確なパッティングストロークを身につけることが出来ます。

 

正確なパッティングストロークが出来るようになると、

ショートパットで効果が現れます。

 

ショートパットはよっぽど傾斜や芝目が強くなければ

適度な強さでカップに対して真っ直ぐ打ち出せれば入ります。

 

でも、これが難しいんですよね。。。

 

ショートパットに悩み過ぎてイップスになる方もいるくらいですから。

 

ゴルファーを悩ませるイップスはなぜ起こる?症状・原因・克服法は?
長年ゴルフをやっている人なら、一度は耳にしたことがある「イップス」 この突然訪れる厄介な病気と言うか、症状は、技術的なものではなく、精神的なものが原因で、 突然テークバックが上がらなくなってしまったり、 ダウンスイングが始動できなくな...

 

1mくらいのパッティングは入って当たり前みたいな感覚があるので

外した時の精神的なダメージは非常に大きいです。

 

ショートパットを外さなくなるとスコアが良くなるのはもちろんですが、

ショートパットのストレスも軽減出来るので、

ラウンド中の精神的な疲労感がかなり少なくなりますよ!

 

まとめ

golf-putter-ak

我々アマチュアゴルファーはプロゴルファーと比べると、

パーオン率は遥かに低いです。

 

練習時間が限られる人も多いと思うので、

ショットの精度ではプロゴルファーには勝てないですね。

 

ですが、パッティングであればアマチュアでも

プロに近いレベルになることも可能です。

 

パッティング練習は自宅でも手軽に出来ますからね。

 

パッティング練習の中でもパッティングレールを使った練習は非常に効果的です。

 

非常にシビアで、ちょっとフェースが開閉したり、

ボールをクラブフェースの芯でヒット出来なかったりすると

すぐにレールから落ちてしまいます。。。

 

でも、練習でこれだけシビアなことをやっておいて、

安定して打てるようになれば、

本番のグリーン上では自信を持ってパッティングが出来ます。

 

ショートパットは特に自信を持って打てれば、カップインの確率も上がるので

スコアも良くなるはずです。

 

あなたもぜひ、パッティングレールで練習してパターを上達させて下さい

タイトルとURLをコピーしました