ゴルフは野球経験者が有利?スライスさえ克服すれば上達は早い!

baseball-b 未分類

あなたはゴルフをいつから始めましたか?

 

  • 学生の頃から
  • 社会人になってから
  • 高齢になってから

等、人それぞれだと思います。

 

練習意欲にもよりますが、全くのゴルフ初心者だったのに

びっくりするほどゴルフの上達が早い人っていますよね。

 

聞いてみると大体

  • 学生時代は野球部だったとか
  • 草野球をやっているとか

野球をしていたという方が多いのではないでしょうか?

 

実際、プロ野球選手はゴルフが上手な人が多いですし、

なんといっても飛距離が普通の人と桁違いですよね。

 

また、あの有名なジャンボ尾崎はもともとプロ野球選手です。

 

プロ野球選手になってからゴルフを始めて、レジェンド的なプロゴルファーになっています。

 

他にも、プロ野球で活躍したデーブ大久保さんや、

大リーグで活躍した長谷川滋利さんなんかもツアーの予選に出場したりしていますよね。

 

ゴルフ場でお会いすると野球経験者のゴルファーはスライサーのイメージという方もいますが、

スライスを克服して、そのレベルを超えた方は圧倒的に飛ぶ方が多く、加えて小技も上手いです。

 

私の周りにも野球経験者のゴルファーが多いので、

どんなゴルフをしているか確かめてみましたので、

野球経験者がなぜゴルフが上手なのかを紹介します!

 

また、野球経験者特有の悩みの解決法も紹介しちゃいますよ。

 

野球経験者はゴルフが上手い理由は?

why-a

野球はスイングの仕方等、ゴルフに通じることも多いです。

 

そのため、野球をやっているとゴルフを始めた時に有利になることが多いです。

 

それに野球経験者の方は本当に飛ぶ人が多いですよね。

 

バットとクラブは違うけれど、道具を使って物を飛ばすことの練習をしてきたから、

物を振るということが体に染みついているんでしょう。

 

また、飛ばすために筋肉が付いていますよね。

 

私の仲間にも何人かの野球経験者がいるけれど、みんな飛ばし屋です。

 

飛ぶ方がゴルフでは有利になるのは間違いないですよね。

 

曲がらなければという前提はありますが!

 

スイングに慣れている!

ゴルフをやってみようと思い、練習場に行き、ゴルフクラブを握って、

スイングをしようと思った時、どうすればいいか分からなかったことはありませんか?

 

体のどこから動かせばいいか分からず、なかなか動き出せなかったということは

かなりの人が経験していると思います。

 

その点、野球経験者は何回も野球のスイングをしてきています。

 

ゴルフのスイングと野球のスイングは細かな動きこそ違うものの非常に似ています。

 

そのため、迷うことなくスイングをすることができ、

筋肉もクラブを振るように鍛えられています。

 

また、ボールを打つことに慣れているため、他の人より上達が早いといえるでしょう。

 

初めてスイングをするのに悩まなくていいのは羨ましいですよね。

 

身体がしっかりしていて体力がある!

学生の時にスポーツをしていた方はそうですが、野球経験者は特に体の出来が違いますね。

 

そのため、基礎体力があります。

 

野球経験者は野球の練習時に様々なトレーニングをしてきています。

 

野球自体の練習以外に走ったり、筋トレをしたりして、体をしっかり鍛えていますよね。

 

そのため、他の人に比べて体力があります。

 

そして、体幹もしっかりしているため、スイングをしてもブレずに

しっかりボールを捉えることが出来ます。

 

体幹がしっかりしているということは飛距離も出ますし、

空振りやボールをうまくとらえるこことが出来ないということがありません。

 

それに下半身がしっかりしているので、スイング時の体のブレが少ないんです。

 

だから、自然とミート率も良くなって飛ぶようになりますね。

 

また、他の人に比べて体力があり、練習量が多くても疲れにくいので、

たくさんボールを打つことが出来ます。

 

たくさんボールを打つことが出来るということは、練習量が自然に増えるので、

上達も早くなります。

 

ゴルフと野球の違いは何?

baseball-c

ゴルフと野球ではルールが全然違うので、まったく別物のスポーツですが、

バッティングやピッチングの身体の使い方とゴルフスイングには共通点は多いです。

 

野球経験者がゴルフやると、「野球とゴルフって似てるじゃん」と思うのではないでしょうか?

 

そのため、やはり野球経験者はゴルフが上手な人が多いですよね。

 

また、プロ野球選手はオフシーズンはゴルフ漬けのゴルフ大好きな人が多い印象があります。

 

プロ野球選手でなくても、野球をしていた人はボールをクラブで捉えるのが上手ですし、

飛距離もあるし羨ましいですよね。

 

ただ、野球経験者は野球を経験しているからこそ人とは違った

悩みを持っているのではないでしょうか。

 

確かに、ボールを打つスポーツとしては同じですが、大きな違いがあり、

その違いを理解するとゴルフがもっと上達しますよ!

 

そこで、ゴルフと野球の違いをご紹介します!

 

飛ばす方向が違う!

ゴルフと野球はクラブやバットを使って、ボールを飛ばす点においては似ています。

 

ゴルフは飛距離が出る方が出ない方に比べて有利ですし、野球も飛距離が出ると

ホームランになるので、どちらも飛ぶということは有利になりますよね!?

 

ただし、ゴルフは1球で確実に決めなければならないですし、

いかに狙った所へ飛ばせるかが、重要になってきます。

 

一方、野球はピッチャーが投げた何球かのうちに仕留めればOKですし、

まっすぐ飛ばすことが必ずしも良いことではありません。

 

また、野球はヒットになる範囲が決まっており、その中にボールが落ちさえすれば

問題ありません。

 

ゴルフでは、1球で仕留めることが大事なので、1球ずつ打つ練習をしましょう。

 

ただ、ゴルフは野球のように来た球を打つ訳ではなく、

自分のタイミングで打つことが出来るので、

その分ではゴルフの方が良いかもしれませんね!

 

ボールを打つ高さが違う!

ゴルフはボールを地面から近い場所にセットしてティショットを打ちます。

 

また、セカンド以降は地面から打つことになります。

 

一方で野球のストライクゾーンは膝の上から胸下なのでで、地面から高い場所になります。

 

そうなるとおのずとスイングが変わってきます。

 

ゴルフ経験者がバッティングセンターなどに行くと低い球は上手く打てるのに

高めのホームランボールは打ちにくいなんてことありませんか?

 

野球経験者の方でスイングしにくいと思っている方は、

一度ゴルフの構えを確認してみるのがいでしょう!

 

野球経験者はスライサーが多い

baseball-d

野球経験者の方は最初、どうしても野球打ちになってしまい、

ゴルフを始めた頃はスライサーの方が多いようです。

 

それでも飛距離は結構なものなんですけどね。

 

もともと、ボールを打つということをしているから、

ゴルフと野球のスイングの違いが分かるとスイングが出来上がるのが早いんですね。

 

私の知り合いの野球経験者で高校時代は甲子園に出場するような名門校で

活躍していた方がいるます。

 

ドライバーの飛距離は、野球打ちで軽々280Y飛ぶけど、

2回に1回はどスライスという感じです。。。

 

でも、スライスが段々減ってきています。

 

飛ぶけど曲がるというゴルファーはどうしてもOBを気にしなくてはいけません。

 

OBを打ったら一気にスコアを崩しちゃいますからね。

 

野球経験者はどうしてもスライスしてしまって大きくスコアを崩してしまうという

悩みを持っているのではないでしょうか?

 

そこで、球経験者がゴルフでスライスしてしまう原因と解決法をご紹介します。

 

グリップを見直す!

ゴルフのグリップは左右の手が重なり合い、独特の握り方をしていますよね。

 

一方で野球のグリップは左右の手が密着していますが、重なり合うことはありません。

 

ゴルフでよくベースボールグリップということを言われますが、

このグリップがスライスの原因になっている可能性があります。

 

今一度、ご自身のグリップを確認してみて下さい。

 

グリップを新しくすると慣れないため、違和感があり、

違和感がなくなるまでかなり時間がかかってしまいますが、

今後のゴルフ人生の事を考えると関らず直しましょう。

 

ヘッドスピードが速い!

野球経験者は他のゴルファーと比べてスイングすることに慣れていますよね。

 

そのため、スイングに必要な筋肉がしっかりしていて、ヘッドスピードが速くなります。

 

ヘッドスピードが早いということは飛距離も出て羨ましいですが、

早い分大きくスライスする原因になってしまうこともあります。

 

ゴルフはボールを打つときにクラブのしなりを利用して飛距離を出します。

 

ヘッドスピードが速い分、しなりも大きくなりクラブヘッドを

タイミングよくボールに合わせるのが難しいため振り遅れてしまって、

結果、スライスしてしまいます。

 

タイミングをうまくつかめるようになるために、紐やタオルなどを利用して素振りをしましょう。

 

ゴルフクラブに比べてクラブヘッドの遅れが分かりやすいので練習におすすめですよ!

YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。
YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

 

 

まとめ

golf-d

私の知り合いの野球経験者もたくさんおり、体が小さくても飛距離がたくさん出たり、

上達も早かったのが印象的でした。

 

お子さんにゴルフをさせたい場合はゴルフを始めさせる前に

野球を習わせるのも良いかもしれませんね。

 

ただ、野球経験者でなくても、ゴルフは練習の仕方次第でちゃんと上達するので、

野球経験者ではなくても諦めずしっかり練習しましょう!

 

野球経験者の人は、そもそも基礎体力もあるし、ボールを打つ感覚にも慣れているので、

「ゴルフなのに野球打ちだね!」

なんて言われてもすぐに上手くなっていきますよね。

 

ゴルフというスポーツにおいて重要なのは飛距離ではなくスコアです。

スコアをまとめることになると、飛距離ではなくアプローチやパターの問題の方が

大きいですよね。

 

ゴルフと野球の関係だけではないけれど、ボールを道具を使って打つ球技をやっていた方は、

ボールをコントロールすることが上手いんです。

 

どの位の力で、どの位飛ぶとか、ボールに対してどういったスピンがかかるとか、

今までの経験でなんとなく理解しているんですよね。

 

そのため、ゴルフの練習を始めると、パターやアプローチが上手くなるのが

野球経験者では無い方と比べるとやっぱり早いんですよね!

 

また、野球経験者がゴルフが上手なのは羨ましいですが、野球経験者の悩みがあります。

 

野球経験者はスポーツをしてきている分、スイングをするということに慣れていますが、

その分、悩みも他のゴルファーと違ってきます。

 

ゴルフは飛距離が出るということは有利なことですが、

狙った所にボールが飛ばないと意味がありません。

 

野球打ちのままではスライスしてしまうので、原因をしっかり理解して、

直してボールを真っ直ぐ飛ばしましょう!

 

野球とゴルフの違いをしっかり理解して、ゴルフのスキルアップを目指していきましょう!

タイトルとURLをコピーしました