ゴルフで100切りしたい!クラブセッティングにドライバーは必要?

golf-driver-a 未分類

ゴルフはルール上14本のクラブが使用可能です。

 

ゴルフを本格的にやっている人のほとんどはルールの上限、14本のクラブを

キャディバッグに入れている方が多いですね!

 

私も14本、バッグインしています!

 

100切りを目指しているあなたも14本のクラブをキャディバッグに

入れているのではないでしょうか?

 

ゴルフクラブにはそれぞれ役割がありますよね!?

 

ドライバーだったら飛ばすクラブだし、アイアンならグリーンを狙うクラブ、

パターはグリーン上でボールをカップに入れるためのクラブです。

 

でも、14本全てのクラブをきちんと使いこなしているゴルファーはかなり稀だと思います。

 

それが100切りを目指すゴルファーだとしたらなおさらです。

 

だとしたら、100切りには14本のクラブなんて要らないんじゃないかって思いませんか?

 

それに、初心者にありがちなのが、クラブを安く買おうとした結果、

難しいドライバーやアイアンを選択してしまっていることです。

 

クラブの知識が無いと、そもそも何が簡単で、何が難しいかは分かりませんよね。

 

ゴルフは道具を使うスポーツです。

 

100切りをするためには、もちろん技術も大事ですが、

クラブセッティングも重要な要素の一つです。

 

そこで、ゴルフ初心者が100切りするためにおすすめのクラブセッティングを紹介します!

 

自分に必要なクラブと不要なクラブを把握する

golfer-woman-beginner-a

あなたが100切りするためのクラブセッティングを決めるためには、

まず、あなたに必要なクラブと不要なクラブをしっかりと把握する必要があります。

 

100切りに難しいクラブはいらない

 

golfer-woman-c

なかなか100切り出来ない初心者にありがちなのが、難しいクラブを使っていることです。

 

タイガーウッズが使っているからとか、石川遼が使っているからと、

好きなプロが使っているクラブと同じモデルのクラブを使いたい気持ちはよく分かります。

 

私もゴルフを始めたての頃は、タイガーウッズに憧れて真似をしていました笑

 

でも、実はあなたが好きなプロと同じモデルのクラブを選ぶことが

100切りから遠のいていたりします。

 

昔と比べて、プロが使うクラブはどんどん優しくなってきてはいますが、

それでも難しいものが多いです。

 

難しいクラブというのは、簡単にいうと、操作性が高い代わりにミスヒットに弱いクラブです。

 

プロのレベルであれば、打点をコントロールして、球を曲げたり、

距離の打ち分けがしやすくなるので、難しいクラブと言われていても、

実は難しく感じていなかったりします。

 

しかし、アマチュアゴルファー、それも100が切れないレベルのゴルファーであれば

打点がばらついて芯を外せば極端に距離が落ちるクラブを使うと

スコアにも大きく影響してしまいます。

 

逆に、ミスヒットに強くて、芯を外しても曲がりにくく、距離が落ちにくいクラブを使えことで

大きなミスがそこそこのミスに収まり、スコアアップにも繋がります。

 

ゴルフはミスのスポーツです。

 

たとえ、プロであっても1ラウンドの中で何回もミスをします。

 

アマチュアゴルファーであれば、ほとんど思うようにいかないでしょう。

 

でも、たまに完璧なナイスショットが出るから、ゴルフはやめられないんですよね笑

 

100切りを目指すためには、技術のレベルアップは当然必要ですが、

簡単なクラブに手助けしてもらうのが手っ取り早いのでおすすめです。

 

小ぶりなドライバー、マッスルバックのアイアンといった難しいクラブは

上達してから使えばOKです!

 

100切りするためのクラブセッティング

通常の男性のクラブセッティングは

  • ドライバー(1W)
  • フェアウェイウッド(3W・5W)
  • ユーティリティ(3U)
  • アイアン(4I~PW)
  • ウェッジ(52度、58度)
  • パター

といった感じが一般的だと思います。

(女子だとフェアウェイウッドやユーティリティがもっと増えます。)

 

ですが、形式にこだわらずクラブセッティングを選べるのがゴルフです。

 

100切りに適したクラブセッティングを紹介します。

 

ドライバー

ドライバーはミスを抑えるものを選ぶ

ドライバーはあなたのミスの傾向に合わせて、ミスの幅を狭めるものを選ぶのがベターです。

 

たとえば、スライスが多いのならば、つかまりが良いドライバー、

フックが多いのならば、つかまりにくいドライバーという感じですね。

 

もちろん、スライスが多い人がつかまりの良いドライバーを使ったからといって、

必ずしもスライスがなくなる訳ではありません。

 

曲がりを少なくするには道具も大事ですが、それ以上に技術も必要になりますからね。

 

でも、右のOBに一直線だったショットが右ラフで収まるくらいのショットになれば、

かなりスコアがまとまると思いませんか?

 

まずはあなたのミスショットの傾向を分析してみましょう。

 

そして、ミスを軽減するクラブを選びましょう。

 

どんなクラブを選べば良いか分らなければ、恥ずかしがらず、

ゴルフショップの店員さんに聞いちゃいましょう!

 

きっとノリノリでクラブを選んでくれるはずです!

 

ドライバー無しのセッティングもあり

ドライバーは一番遠くに飛ばせるクラブで、ゴルフをするには必須のクラブです。

 

ですが、飛ぶ代わりにに大きく曲げてOBを出すリスクもあります。

 

100切りをする上で、OB連発はご法度です。

 

そこで、ドライバーショットが苦手な方や、飛ぶけどめっちゃ曲がる方は

あえてドライバーをバッグから抜くという選択もありです!

 

キャディバッグにドライバーが入っていないのはかっこ悪いかもしれません。。。

 

でも、ドライバーを必ず入れなければいけないルールなんてありません。

 

でも、ティーショットを3Wや5W、ユーティリティで打つことでOBが無くなったり、

フェアウェイの良いポジションから打てるようになると大崩れが少なくなって

スコアがまとまりやすくなります。

 

実際、プロゴルファーでもドライバーを使わない人もいます。

 

ヘンリク・ステンソンはドライバーを使わず、

3Wをティーショットで多様をして全英オープンに優勝していますから!

 

見栄えを気にする方はドライバーは抜かず、ドライバーショットをしっかりと練習して

ちゃんと打てるようになりましょう。

 

そして、見栄えよりスコアを気にする方はスコアのために

ドライバーを抜いちゃってもOKですよ!

 

フェアウェイウッド

100切りのための基本的なクラブセッティングの考えとしては、

難しいクラブは入れないことです。

 

そのため、3Wは必要ありません。

 

5W、7W、9Wといった、球が上がりやすく、距離を出しやすいクラブを選ぶのがベターです。

 

ただし、ドライバーを抜くセッティングをするのであれば、

ティーショット用に3Wを入れるのはありです。

 

3Wを地面から打つのはかなり難しいので、100切りを目指すレベルであれば

止めておいた方が無難です。。。

 

ユーティリティ(ハイブリッド)

ロングホールの2打目以降やミドルホールの2打目等で、

200ヤード近く残ってしまうことってありますよね。

 

そんな時のために、ユーティリティがあると便利です。

 

3I~6Iくらいの代わりになるユーティリティを入れましょう。

 

20度~24度ぐらいのユーティリティがあればOKです。

 

フェアウェイウッドと距離がダブる部分は、打ちやすい方を選べばOKです。

 

アイアン

まず、ロングアイアン(3I~5I)は不要です。

 

ロングアイアンはそれなりのスイングスピードがないと、

球が上がらず距離も出ないので、ロングアイアンの距離は

フェアウェイウッドやユーティリティでカバーしましょう。

 

また、ヘッドが大きくてソールが厚く、球が上がって距離が出やすい

簡単なモデルを選ぶのがベターです。

 

ウェッジ

一番プロのマネがしやすいウェッジですが、プロのようにロフトが大きく(58~64度)、

バンスの少ない(8度以下)クラブは技術がないとほぼミスになるので止めておきましょう。

 

アプローチ用のウェッジは56度があればOKです。

 

56度があればランニングもピッチショットも充分打てます。

(ロブショットをするのは難しいですが、使う場面もないので要りませんね。)

 

バンス角は12度くらいのヘッドが大き目でミスに強いウェッジを選びましょう。

 

バンスが大きい(12~14度)ウェッジであれば、バンカーからも簡単に出しやすくなります。

 

あとは100Yを打つように50~52度くらいのウェッジがあればOKです。

 

パター

パターは適当に選びがちですが、どんなレベルのプレイヤーでも、自分のストロークに合った

パターを使うのが良いです。

 

ストロークの軌道が真っ直ぐに近いのならば、マレット型。

 

ストロークの軌道がイントゥインであれば、ピン型やL字型。

 

といった具合にマッチするタイプのパターが変わってきます。

 

パターのフィッティングを無料で実施しているお店もあるので、

一度フィッティングをして、自分に合うパターのタイプを見極めましょう!

 

100切り用のクラブセッティング

私が初心者に戻って100切りを目指すなら、こんな感じのクラブセッティングにします。

  • 3W
  • 3U(20度のユーティリティ)
  • 4U(24度のユーティリティ)
  • 6I~PW
  • ウェッジ(50度)
  • ウェッジ(56度)
  • パター

の11本。

 

残り3本キャディーバックに入れることができますが、あえて入れません。

 

私の場合、最初の頃はドライバーがスライスばっかりでOBを出しまくっていたので

OBを無くすためにドライバーを外して、ティショット用に3Wを入れます。

 

ロングショットはユーティリティで対応します。

(フェアウェイウッドはダフってばかりで使えなかったので笑)

 

アイアンはゼクシオのような簡単なクラブを6番からPWまで入れて、

ウェッジはPW、50度、56度にします。

 

これで充分に距離の打ち分けが出来ますから。

 

パターはピン型を選びます。

(実際にフィッティングで一番合っているのがピン型だったので。)

 

クラブセッティングが固まれば、あとは練習あるのみ!

 

しっかり練習して、100切りを達成しちゃいましょう!

100切りに必要なクラブ本数は?

 

まとめ

golf-b

100切りを目指す上でクラブセッティングに重要なのは、

  • 難しいクラブを使わない
  • 難しい番手を入れない
  • 自分のミスの傾向に合わせたモデルを使う

です。

 

ゴルフは道具を使うスポーツです。

 

それゆえに、道具にもこだわることが出来て、それが楽しみの一つだったりもします。

 

でも、スコアアップを目指すのならば、見栄は捨てて簡単なクラブに頼ってしまうのが

一番の近道です。

 

難しいクラブは上手くなってからでも全然OKです!

 

簡単なクラブの恩恵を受けて、楽にゴルフをしましょう!

タイトルとURLをコピーしました