ゴルフ初心者も安心!練習場・打ちっぱなしの持ち物・費用・服装・マナー

driving-range-e 未分類

ゴルフを始めたら、まず最初に思い浮かぶのが、

打ちっぱなし(ゴルフ練習場)に行くことですよね!?

 

「ゴルフの練習して、少しでも早く上達したい!」

と、誰もが思うはず!

 

ゴルフを始めたら、練習しなくてはコースデビューは出来ません。

 

もしかしたら、練習しないでコースデビューしちゃう人もいるかもしれませんが!笑

 

ですが、ゴルフの練習ってどこでも出来るものではありませんよね!

 

ゴルフ場やゴルフ練習場(打ちっぱなし)じゃないと、設備が整っていませんし、

なにより危険ですから他の場所では出来ません。

 

ゴルフの練習(ショット練習)をするには、

最低でも200ヤードくらいのネットで囲まれているエリア、

打席(マットや芝生)、練習用のボールなどが必要になります。

 

練習場以外で出来ることといえば、素振りやパッティングぐらいですから。

 

でも、ゴルフって少し敷居の高いスポーツのイメージが強くて、

初心者のゴルファーには少しとっつきにくい面もありますよね。

 

初めて打ちっぱなしに行く時は、色々と考えることが多いと思います。

 

練習場選び、最低限準備する道具、服装やマナー、練習にかかる費用の事等、

いざ始めようとすると、何をどうやって始めたらいいのかよく分からないのが現実ですよね。

 

そこで、初めて打ちっぱなし(ゴルフ練習場)に行く時に用意するものや注意点等について、

まとめていきたいと思います!

 

打ちっぱなしってどんな所?

driving-range-f

そもそも、打ちっぱなし(ゴルフ練習場)がどんな所かというと、

ゴルフの練習を目的とした施設です。

 

ゴルフの練習が出来る設備が揃っていて、

打席とボールをレンタルして、ゴルフの練習をします。

 

打ちっぱなしによって設備は違ってきますが、

  • 自動的にボールがティーアップされて出てくる
  • 芝の上から打てる
  • アプローチ、バンカーショット、パター等の練習設備がある
  • スイングチェックの機材がある
  • 24時間営業
  • ゴルフショップ、ショートコース、レストラン、コンビニ等が併設されている

というものもあります。

 

打ちっぱなしによって広さもまちまちで、

100ヤード程度の狭めの所もあれば、300ヤード以上の広い所もあります。

 

シミュレーターがあって、シミュレーターを使って練習出来る所もありますし、

プロが使用しているトラックマンが導入されていて

飛距離が正確に計測される練習場もあります。

 

お気に入りの練習場を探そう!

ゴルフ歴が長くなると、練習場の存在ってとても大きいと感じます。

 

打ちっぱなし(練習場)はゴルファーにとって、非常に大切な場所です。

 

もし、あなたがこれからずっとゴルフを続けてやっていくのであれば、

長い時間をこの練習場で過ごすことになります。

 

ちゃんと練習しないと上手くならないですからね!

 

そう考えると、練習場選びが大切になってきますよね!?

 

3階建ての近代的な大きな練習場から、

おばちゃん一人で切り盛りしている小さな練習場まで、

練習場の設備や雰囲気も色々ですから、

自分に合った練習場を選びたいたいですね!

 

まずは、自宅の近くに練習場があるかどうか探してみましょう!

 

ゴルフを始めると、多い人は週に何回か通うわけですから、

自宅から近いにこしたことはありませんが、居心地の良い事も大事ですよね!

最近は練習場にゴルフショップやショートコースが併設されているケースも多いので、

これからゴルフを始める人にとってはとても便利なのでおすすめです。

 

中にはリラクゼーションコーナーやトレーニングジムがある練習場もあります。

練習場の雰囲気にもいろいろあります。

 

BGMが良い感じで流れている練習場もありますが、

中には打球音しか聞こえないような静かな感じの練習場もあります笑

 

何軒か見ていくうちに、きっとあなたに合う雰囲気の練習場が見つかるでしょう!

 

練習場に入ったら、まずはスタッフさんに気軽に声をかけてみましょう!

 

「打ちっぱなしは初めてなんです!色々と聞かせてください!」

なんて言ったら、喜んで色々アドバイスしてくれると思いますよ。

 

営業時間や料金システム、貸クラブやショップのこと等、

何でも聞いて不安を払拭しましょう。

 

一人で行くのが不安なら友達を誘おう!

やっぱり、一人で打ちっぱなしに行くのは分からないことが多くてちょっと不安ですよね!

 

そんな時は、ゴルフ好きの友人を巻き込みましょう!

 

「ゴルフやってみたいから、打ちっぱなし行こう!」

なんて言って、誘っちゃいましょう。

 

2人で行って1打席で練習すれば、練習代も抑えられますよ。

 

優しそうなゴルフをやらない友人を巻きこんで、

一緒にゴルフを始めてしまうのもありですね。

 

打ちっぱなしに必要な物は?

golfer-woman-beginner-a

初めて打ちっぱなし(練習場)に行く時は、たいていゴルフを始めたばかりの頃だと思います。

 

ゴルフ道具が全部揃ってなくても問題ありませんが、

最低限シューズとグローブは準備しましょう。

 

靴はそれなりのものを用意する必要があります。

 

ゴルフシューズ(スパイク)じゃなくても、全然構いません。

 

スニーカーや運動靴で十分ですが、スイング時に結構な力が加わりますから、

しっかりしたタイプの方が良いと思います。

 

ハイヒールや革靴・サンダルでは滑ってしまってかなり危険なのでやめましょう。

 

グローブは滑り止め用です。

 

グローブの着用は必須ではないですし、グローブをしないでプレーする人もいますが、

素手だと手にマメが出来やすいので、あった方が良いと思います。

 

両手にグローブをはめる人(女性の方に多い)もいますが、

普通、右打ちの人であれば左手にグローブをはめます!

 

グローブは事前に用意しておく方が望ましいですが、

無くても大抵のゴルフ練習場では販売しています。

 

とりあえずは練習用で良いので、安価で破れにくい人工合成皮革素材のもので、

自分の手の大きさ(サイズ)に合ったものを選びましょう!

(大きめのゴルフ用品店なら大抵グローブの試着が出来ます。)

 

グローブは1000円程度で購入出来ますよ!

 

ゴルフクラブは、誰かにもらったものあるとか、

誰かに借りたりできる場合はそれでいいと思います。

 

無い場合は貸しクラブでも問題なしです。

 

大抵どこの練習場でも何本か貸しクラブが置いてあるので聞いてみましょう。

 

最初は短いクラブ(ウェッジ~9番アイアン)2~3本で始めるのが良いと思います。

 

最初からドライバーやフェアウェイウッド、ロングアイアン等は必要ありません!

 

短いクラブがしっかりと打てるようになってから、

徐々に長いクラブを練習するのが賢明です。

 

服装やマナーで注意したいことは!

ゴルフは紳士のスポーツなんて言うくらいですから、

少し敷居が高いスポーツってイメージが強いですよね!

 

服装やマナーについても少し気になるところです。

 

服装について

golfer-woman-i

ゴルフ場によっては入場時のドレスコードなどありますから、

服装に関しては注意が必要ですが、

打ちっぱなし(練習場)ではそこまで気にすることもないでしょう!

 

動きやすい服装であれば、特にゴルフウェアじゃなくても構わないです。

 

ゴルフ場ではドレスコードがあるのでNGですが、

打ちっぱなしでは、Tシャツやジーンズ、ジャージで練習している人もいますね。

 

私もTシャツ、ジャージで練習しがちです。笑

 

初めてだと、何を着ていけば良いかちょっと悩みますが、

服装はそこまで気にしなくてもOKです。

 

2回目以降は、初めて行った時に周りで練習している人の服装を観察して参考にしましょう。

 

打ちっぱなしでの練習は基本的に一人でやりますが、

近くに何人かの人が練習しているわけですから、

不快感を与えるような服装は良くないと思います。

 

特に女性の場合は、短いスカートや胸の開いた服など、

露出は控えめにした方が賢明だと思います。

 

男性の視線を集めてしまいますよ!笑

 

マナーについて

manner-a

初心者といえどゴルファーに違いないので、マナーにも気をつけなくてはいけません。

 

打ちっぱなしでも注意しなくてはいけないマナーがあります。

 

練習場に来ている人は、当然ゴルフを上達させるために来ていますから、

ほとんどの人がで真剣に練習しています。

 

仲間同士でワイワイ騒いだり、携帯電話で長話を大きな声でしたりするのは

やめた方が良いでしょう。

 

経験上とても気になります。

 

練習場の打席は意外と前後の距離が近い場合が多いので、注意しましょう。

 

初心者だと、打ち損じて打球が横に飛んでしまう可能性もありますし、

クラブは大変重いのでとても危険です!

 

隣との間隔や打席の位置に注意しながら練習しましょう。

 

また、打席以外のスペースで素振りするのは、とても危険なので止めましょう!

 

当たり前のことですが、練習が終わったら自分の打席を綺麗に片付けて帰りましょう。

 

練習中に喉が渇いたから、自動販売機で飲み物を買うことや

練習場に備え付けてあるおしぼりを使うこともあると思います。

 

飲み終わったペットボトルや缶、おしぼり等を片付けないで、

そのままにして帰るのはマナー違反なので紳士・淑女のゴルファーならやめましょうね。

 

あと、泥酔状態で打ちっぱなしに行ってはダメです。

 

泥酔状態だと、そもそもまともに打てないと思いますし、

何より他のお客さんに不快な思いをさせてしまうでしょう。

 

酔った勢いで打ちっぱなしに行くのはNGですよ!

 

料金システムはどうなっているの?

question-b

初めて打ちっぱなしに行く時に気になるのが、ボール代(料金)ですよね。

 

最近は、ほとんどの練習場がプリペイド方式で、自動的にボールが出てくる場合が

ほとんどですが、練習場の中には昔ながらの1コイン何個とか、

1かごいくらなんて所もあります。

 

平日と休日ではボール単価が違う所も多いですし、

時間帯によっても違うなんて事もありますから

事前に調べておきましょう!

 

たいていはフロントに掲示してあったり、HPやパンフレットに明記してありますが、

分からなければ聞いてみましょう。

 

打ち放題システム(平日と休日では料金や時間も違うこともある)を

採用している練習場も多いですから、

時間のある人は利用しましょう。

 

1球いくらの方式と比べると、随分お得になりますし、

たくさん打てば打つほどお得度が増します。

 

料金には、地域差があるとは思いますが、1球当たり10円前後ではないかと思います。

 

都市部では、もう少し高くなってしまうかもしれませんが。

 

打ち放題は、1500円~2000円(時間制限がある場合と無い場合があります)程度

ではないでしょうか?

 

練習代をなるべく安く済ませるには?

  • 平日の昼間に行く
  • 打ち放題を活用する

というのがおすすめです。

 

打ちっぱなしの手順は?

打ちっぱなしによって若干、手順は違ってくるかもしれませんが、だいたいこんな感じです。

ゴルフ初心者必見!打ちっぱなしをする時のチェックポイント

 

1.フロントで受付

大抵の場合、打ちっぱなしの入口を入ったら、すぐの所にフロントがあります。

 

フロントで受付をします。

 

受付では名前を記入したり、打席を指定したりします。

 

スタッフに促されたことをしっかりとしましょう。

 

また、ほとんどの場合、レンタルクラブ等は受付で借りられるので、聞いていみましょう。

 

料金も受付のタイミングで支払います。

 

プリペイドカード方式の場合は、自動販売機で球数に応じた金額のカードを購入して、

入場料を受付で払う形式になります。


打ちっぱなしについて分からないことがあれば、受付で恥ずかしがらずに聞きましょう。

スタッフが親切に教えてくれるので心配しなくてOKです。

 

2.ボールの準備

ボールはレンタルです。

 

ボールが出てくる機械からセルフで自分の打席にボールを持っていくところもあれば、

自分の打席に自動的にボールが出てきて、ティーアップまでしてくれる所もあります。

 

使い方が分からないこと等があれば、打ちっぱなしのスタッフに聴きましょう。

 

3.練習をした後は片付ける

思い思いの練習をして、終わったら最後は片付けです。

 

ゴミを捨てたり、ボールのカゴを元の場所に戻したりして、きちんと綺麗に片付けましょう。

 

次に使う人が気持ちよく使える状態にしておくのが、ゴルファーとしてのマナーですよ。

 

4.チェックアウト

レンタルクラブや番号札等を受付に返してチェックアウトをしたら、終了です。

 

こんな時はどうする?

打ちっぱなしに行った時、想定外のことが起こる場合もあります。

 

トラブルに遭遇すると、色々と面倒になって、ゴルフが嫌になってしまうかもしれないので、

ありそうなケースをまとめました。

 

万が一の場合は冷静に対処しましょう。

 

クラブを放り投げちゃった!

思いっきりかっ飛ばそうとしたら、すっぽ抜けてクラブを放り投げてしまうことが

稀にあります。

(グリップがツルツルだと結構やりがちです。)

 

「クラブを取りに行こうにも、みんながボールを打ってる中、取りに行けないしどうしよう?」

 

こんな時は、打ちっぱなしのスタッフに事情を説明しましょう。

 

打つのを一旦ストップするようにアナウンスをしてくれるので、取りに行けますよ。

 

取りに行く時、めっちゃ恥ずかしいですが!笑

 

教え魔に捕まっちゃった!

打ちっぱなしにたまにいるのが、「教え魔」です。

 

見ず知らずの人にも自分の持っているゴルフの技術や知識を教えたくてたまらなくて、

我慢出来ず教えてしまうのが教え魔です。笑

 

教え魔がプロゴルファーや片手シングルのような人ならば良いのですが、

大抵が100を切るのがやっとの腕前だけど、知識だけは1人前な方の場合が多いです。

 

そのため、教え魔に教わっても上手になることは稀なので

丁重にはっきりとお断りをしましょう。

 

それでも、しつこく教えてくる場合は、打ちっぱなしのスタッフに相談するのが良いですね。

 

まとめ

driving-range-g

早く打ちっぱなしデビューをしたいけど、色々と不安に感じていたあなた。

 

少しでも不安材料が解消出来たでしょうか?

 

とりあえず、打ちっぱなしに行ってみましょう!

 

そして、打ちっぱなしデビューをしましょう! 

 

最初は色々と分からないことが多いですが、

何回か打ちっぱなしに通えば、

他に必要な事など色々と分かってきますから、大丈夫ですよ! 

 

補足ですが、打ちっぱなしデビュー出来たら次のステップですよね!

 

ゴルフ上達のためには、基本が大切です!

 

最初は友達や先輩に教えてもらうというケースも多いと思いますが、

可能であれば、プロやコーチのレッスンを受けてみましょう。

 

最近はゴルフスクールや個人レッスンを行なっている練習場も多いです。

 

一人で何をやればよく分からない時は、

スクールに参加するとか個人レッスンを受けてみるのも良いですね。

 

初心者には特に効果があるので、おすすめです!

タイトルとURLをコピーしました