ゴルフのスランプは誰にでもある!脱出の鍵は?3つの解決法を伝授!

woman-worry-b 未分類

「ゴルフでのスランプ」

ゴルフをする方なら1度はぶつかる話ですよね!?

 

特に長くゴルフをやっている人なら、多かれ少なかれスランプの経験があると思います。

 

100切り前の方でも、シングルさんでも同じです。

 

私は、「そもそもズーッとスランプのようなゴルフ」ですけれどね笑

 

このスランプ、誰もが短期間で脱出したいもの。

 

多くのゴルファーが切望する、そのスランプ脱出の鍵は意外な所にあるです!

 

長年スランプ気味の私でも、スランプを脱出することが出来る方法があるので、

 

ゴルフ好きの皆さんもスランプに陥ったら、是非試して下さいね!

 

そもそもスランプって何?

スランプとは、

「心身の調子が一時的に不振になっている状態。

また、実力が発揮できず、成績などが一時的に落ち込んでいる状態。」

とされています。

 

ゴルフにおけるスランプは、

「以前は出来たことが上手く出来なくなってしまって、なかなか良いスコアが出せない状態。」

です。

 

こんな状態は一刻も早く脱出したい所ですね!

 

スランプの本当の原因はどこにある?

labyrinth-a

ゴルフのような技術的なスポーツで不調やスランプに陥る原因はどこにあるのんでしょうか?

 

体力やパワーの一時的な低下が原因なら、

食事やトレーニング・怪我・病気といった要因もはっきりしているのですが。。。

 

多くのゴルファーは、調子が悪くなるとその原因を技術的な不調(メンタルも含む)と

考え始めます。

 

そして、調子が良かった時の感じを取り戻すために、試行錯誤を繰り返します。

 

技術的な改善策を求めゴルフ雑誌やレッスン番組も取り入れたりもします。

 

不調で動きが悪い時に反復練習をすると、余計な力が入り益々スイングバランスを

崩していきます。

 

不調の期間が長くなると、自分の技術レベルやスイング理論までも否定し始め、

やがて迷宮入りしてしまいます。

 

同様に、調子が悪い原因を道具(クラブ)にあると考えるゴルファーも多いと思います。

 

自分のスイングにクラブを合わせようと、色々なシャフト(フレックスやキックポイント等)に

交換してみたり、クラブを買い替えたりを繰り返している人多いですよね。

 

結局何を使っても上手くいかず、元のクラブを使ってたりするパターンけっこうありますよね笑

 

この技術的な不調やマテリアルが原因と思われがちなスランプ。

 

実は、多くの場合その原因はフィジカル面にあるのです!

 

調子のいい時と悪い時では、このフィジカル面に大きな差があります。

 

風邪をひいていたり、前日に力仕事をしたりして、体に疲労が残った状態では、

いつものパフォーマンスは発揮できませんよね!

 

そういった状態の時に、練習やマテリアル交換を繰り返しても良い結果が得られる

可能性は低いです。

 

むしろ、かえって悪くなってしまいます。。。

 

スランプその主な原因は、自分のスキル(技術やメンタル)や道具にあるのではなく、

フィジカル面(一時的な体の不調や衰え)にあると考えます。

 

逆に、こんなケースも考えられます!

 

シーズンオフに体を鍛えて筋肉モリモリになったりして、

フィジカル面がパワーアップした場合、シーズンに入った途端、

絶不調になるパターンです。

 

飛距離アップやショットの精度アップを目指してトレーニングした結果、

絶不調になると何をどうしたら元のレベルに戻るのか全く分からなくなります。

 

感覚を取り戻すのに時間がかかりそうですよね!

 

ひょっとすると、このパターンの方が難しいかもしれません。。。

 

どうやったらスランプから脱出できるの?

resolution-a

フィジカル面が原因だとしたら、どうやってこのスランプから脱出すれば良いのでしょうか?

 

まずは、自分の不調の原因はフィジカル面であり、

「改善すべきは自分の身体である」

ということをしっかりと認識することです。

 

スランプ脱出への近道は、フィジカル面の改善です!

 

技術的な練習(スイング改造やクラブの変更等)は中断し、

自分の身体の問題点を修正しましょう!

 

そして、調子のよかった頃と同等のフィジカルに戻しましょう!

 

あなたが長い間築き上げてきたスキルやメンタルといった技術的なものは、

そんなに短期間で失ってしまうことは無いはずです。

 

もっと自分のスキルに自信を持ちましょう!

 

ゴルフの内容もスコアもそこそこ良かった人であれば、

調子が良かった時と同レベルのパフォーマンスに戻れば、

実力を発揮できるのではないかと思います!

 

スランプ脱出の鍵はここにあります!

 

でも、さらなる技術的な向上も必要でしょうから、

それは、フィジカル面の改善、または元に戻すことが出来てからですね!

 

身体の不具合が改善され、バランスも良くなれば、

その後の練習に好結果をもたらすことでしょう!

 

同時にメンタル面の安定も期待できますよね、きっと!

 

具体的なスランプの脱出方法

スランプの原因はフィジカル面の問題である可能性が高いですが、

そんな時は基本に立ち戻ったり、ゴルフから少し離れてたりするのがおすすめです。

 

ハーフスイングでの練習をする

スランプに陥ってしまったら、まずは基本に立ち戻ることです。

 

ショットのスランプであれば、とにかくハーフスイングの練習をして

芯に当たって飛んでいく感覚を取り戻すことが必要です。

 

8番~PWで好きなクラブで大丈夫です。

 

私は9番を使うことが多いですね。

 

ハーフスイング、手の位置で9時から3時位、俗にいうインパクトゾーンです。

 

ゴルフ練習場で、ドライバーなどを打たず、納得するまでハーフスイングで打ちます。

 

続けているうちに、リズムや体の動きが戻ってきます。

 

なんだか分からないけどスイングがおかしいぞという時にこれをすると、

だんだんと普段の感覚が戻ってきます。

 

そのうちに、原因がはっきり見えてきて、

「何がスランプだったんだろう。。。」

なんてこともありますね。

 

グリップやアドレスをチェックする

ゴルフはほんのちょっとのズレが大きなズレを生み出します。

 

ズレが大きくなると、ショットが曲がったり、アプローチが寄り切らなかったり、

パターが入らなくなったりします。

 

「ボールが右に左に、当たりは薄いし」なんか調子悪い、なんていう時は、

グリップやアドレスに、原因があることが多いんです。

 

私も、疲れてくると、アドレスがおかしくなってスランプになっていく事多いです。

 

そんな時は、アドレスやグリップのチェックをしましょう。

 

直すときは、自分の頭の中だけでなく、いつも見ている

ゴルフのレッスン書やゴルフ雑誌を見て、アドレスしている写真等で

目からの確認をするといいですよ。

 

頭の中では、出来ているつもりなんだけど、鏡を見たり、

目標に対して真っ直ぐ構えられていなかったりと

全然イメージと現実は違うこと多いです。

 

ゴルフから少し距離を置く

究極のスランプ脱出方法は「ボールを打たないこと」です。

 

何をやってもダメな時は、しばらくボールを打たないのもありです。

 

人によって、1ヶ月だったり、それ以上だったり、毎週コンペがある方は難しいですが、

思い切って間をあけるとスイングの感覚がリセットされます。

 

その間に、ストレッチ等で体をリフレッシュした方がいいですよ。

(筋力トレーニングはスイングへの影響が大きいのでスランプの時は止めておいた方が無難です。)

 

少し、クラブを握らないでいると、自然に元の自分のスイングに戻っていきます。

「まあ、私の場合は普段のスイングも怪しいんですけどね笑」

スランプの時は、気になってとにかく打ちっぱなしへ行って何球も打つってことに

なんてなりやすいですけど、調子の悪いままのスイングを固めることにもなりかねないので、

少しゴルフから離れてみるのもいいかもしれませんよ!

スランプ脱出-正しいアドレスの形【三和子と学ぶイチからゴルフ】

 

長期的なスランプの場合は?

スランプの原因を「フィジカル面である」としましたが、

そのスランプの原因が、もしも加齢による身体能力の低下によるものである場合、

その不振や成績の落ち込みは一時的なものではありませんよね!

 

年齢とともに筋力も低下しますし、関節の可動域も少なくなります。

 

若いころと同じようなスイングや体の動きができなくなるのは仕方のないことですよね。

 

技術的な改善やトレーニングの強化といった対策は徒労に終わる可能性もあります!

 

そうなると、これはスランプではなくて身体能力の低下が原因の不調ですから

注意する必要があります。

 

体力的な見直しをするとか、身体に合わせたスイング作りやクラブ(軽く柔らかい物等)に

換えるなどの対策も必要になってきます。

 

このように、その不調や不振が一時的なものではない場合は

「スランプからの脱出」ではなくて、「スランプへの対応」ですから、

それこそ自分のフィジカルに見合ったスイング作りや

クラブ選びをしていく必要があるでしょう!

 

まとめ

golf-ball-j

どのゴルファーにも突然やってくるスランプ。

 

そのスランプが長期的なもので無ければ、脱出のヒントは、

・ハーフスイングを続ける。

・アドレスとグリップのチェック。

・しばらくボールを打たない。

です。

 

ゴルフのスランプは誰にでもあることと、割り切って気楽にいきましょう。

 

考えすぎると、ドンドンはまっていくこともあるので、

かわいい女子プロの試合でも見てスランプのことは忘れてしまいましょう笑

タイトルとURLをコピーしました