ゴルファーが一度は憧れるバックスピンのかけ方!どんな打ち方が良い?

golf-shot-z 未分類

テレビでゴルフ中継を見ていると、プロゴルファーが打ったボールが

グリーンに乗った瞬間に綺麗にバックスピンがかかって、戻るのを見たことありませんか?

 

まさにプロの技ですよね!?

 

ゴルファーであれば一度は自分が打ったボールがバックスピンして戻るのを見てみたい

と思っている方は多いのではないでしょうか?

 

他にも、グリーンエッジからのアプローチでボールが低い弾道でピンに向かって飛んでいき、

自分の感覚で見ていると、「えっ、強くない?」と思うのですが、

次の瞬間、ボールはキュッキュっとスピンがかかって、カップの手前で止まったりしますよね。

 

「お~、さすが!」

って感じのアプローチですよね。

 

バックスピンをコントロールして、戻したり止めたりするのはやはりゴルファーの憧れです。

 

でも、プロゴルファーの場合、予想以上にバックスピンがかかりすぎて戻りすぎてしまって

グリーンの外に出てしまったり、スピンで止まってしまってショートしてしまった

なんてことも多いですが、しっかりスピンをかけてボールをグリーン上に止める技術は

スコアメイクをする上でも大切です。

 

ただ、バックスピンをかけるというのは口で言うのは簡単ですが、

実際にやろうと思うとどうしたらいいか分かりませんよね!?

 

プロのマネしたくてスピンのかけ方練習してみたものの

上手くいかないなんてことも多いと思います。

 

自分の意思でバックスピンをかけて戻したり、アプローチで狙った所に

ボールが止められたり出来るようになれば、ゴルフはもっと楽しくなります。

 

そこで、バックスピンをかけるために必要な条件と方法を具体的に紹介します!

 

バックスピンをかけるための条件は?

golf-wedge-c

バックスピンをかけるには、バックスピンをかける打ち方をすれば良い

というものではありません。

 

技術面以外にもバックスピンをかけるために必要な条件があります。

 

スピン系のボールを使う

golf-ball-v

ゴルフボールには大きく分けてスピン系とディスタンス系の2種類があります。

【初心者向け】ゴルフボールの選び方!飛距離・スピンどっちを重視?
あなたは自分が使うボールって拘っていますか? 「ボールなんてどうせすぐ無くすから安いのでいいよ。」 と適当に選んでいるそこのあなたは要注意です! ボールによって飛距離が大きく変わることもあるので、色んなボー...

 

スピン系のゴルフボールはディスタンス系のボール比べて柔らかく、

スピンがかかりやすくなっています。

 

プロがバックスピンをかけられるのは、スピン系のボールを使用しているからなんです。

 

私もスピン系のボールを使用していますが、

スピン系のボールの打感はボールがクラブに引っ付く感じがして、

ボールが思った動きをしてくれるので、おすすめです。

 

最近はボールの製造技術が上がっているので、プロが使用する、

いわゆるツアーボールは飛んで止まるボールとなっています。

 

それでも、飛距離重視のディスタンス系寄り、スピン重視のスピン系寄りのボールが

用意されています。

 

例えば、タイトリストで言えば、

  • ProV1がスピン系寄り
  • PrV1Xがディスタンス系寄り

ですね。

 

どちらのボールも充分にスピンはかかりますが、より強烈なバックスピンをかけたいなら

スピン系寄りのProV1を使うべきですね!

 

スピン性能が高いウェッジを使う

golf-wedge-a

バックスピンをかけたいのであれば、クラブにもこだわってみましょう。

 

最新のウェッジはどれもスピン性能が高いので、スピンをかけるという意味では、

最新のウェッジを使用しておけば基本的に問題はありません。

 

その中でも、スピン性能を売りにしているモデルを選ぶのがベターですね!

 

ですが、中古でウェッジを購入するのはあまりおすすめ出来ません。

 

というのも、ウェッジは長期間使用すると溝が削れてスピンがかかりにくくなります。

 

溝が無くなったウェッジはフルショットならそこそこスピンはかかるかもしれませんが、

短い距離で低く打ってスピンで止めるという芸当はかなり難しくなります。

 

そのため、スピンをかけるには新品のウェッジが一番です。

 

とはいうものの、ウェッジはなかなか良い値段なので、

そう頻繁に交換は出来ないですよね。。。。

 

また、クラブのフェースには錆を防ぐためにメッキ処理がされています。

 

このメッキがスピンをかけにくくしているので、バックスピンをかけたいのであれば、

ノーメッキのクラブを使うもの方法の一つです。

ウェッジはノーメッキがおすすめ!メリットは?手入れはどうする?
ゴルフはコツコツと練習するのが大事と分かってていても、 なかなか上達が目に見えないと、練習していて気持ちが上がってこないですよね。 そうなってくるとクラブにも頼りたくもなってきます。 ゴルフクラブも毎年進化...

 

クラブの手入れもしっかりしておくこと!

golf-senior-a

クラブのフェースとボールの間に芝などが挟まっていると、

バックスピンがかかりにくくなってしまいます。

 

そのため、クラブに付着した泥や芝等はしっかり拭いて落としましょう。

 

また、ラウンド後にクラブを掃除することにより、クラブが錆びるのを防ぐことが出来るので、

スピンを思ったようにかけやすくなりますよ。

 

それにクラブの寿命も長くなります。

 

自分のクラブを大事に扱う事もゴルフ上達のポイントです!

ゴルフクラブの手入れの方法はどうすれば良い?雨の日の後は入念に!
「ゴルフクラブの手入れって必要なの?」 「ゴルフクラブの手入れは必要だとは思うが、何をやれば良いのかよく分からない!」 と、思っているゴルファーも少なくないのではないでしょうか? あなたは、ラウンド後のクラブの手入れはどう...

 

クリーンにコンタクト出来るボールのライ

golf-ball-d

クラブとボールの間に芝等、挟まっているものがあるとスピンがかからず、

飛び過ぎてしまう場合があります。

 

いわゆるフライヤーというやつですね。

 

そのため、ラフに沈んでいたり、バンカーで目玉になっていたりすると

戻したり、ブレーキをかけたりするようなバックスピンをかけることが出来ないので、

良いライから打つのがバックスピンをかけるための条件です。

 

風向きもバックスピンに影響する

風向きバックスピンをかけるために重要です。

 

フォローなのかアゲンストでバックスピン量が変わってきます。

 

フォローは飛球線方向に対して風が吹くのでボールの後ろ側から押されるため、

順回転の力が働き結果的にバックスピン量は減ります。

 

逆にアゲンストは、ボールに逆回転の力が働くのでバックスピン量が増えます。

 

そのため、バックスピンをかけるには無風、もしくはアゲインストの場合が有効です。

 

スピンをかけるにはどうやって打てば良い?

golf-wedge-d

バックスピンはボールがクラブのフェースに乗っている時間が長ければ長いほど

スピンがかかりやすくなります。

 

そのため、スピンの効いたアプローチをするには、なるべくフェース面に

長くボールが乗せることが必要です。

 

アドレスでは、少しフェースを開いた状態でハンドファーストに構えます。

 

ボールの位置は少し右足寄りで。(右打ちの場合)

 

体の回転を使ってフェースを返しながら低く押し込むようにスイングします。

 

開いたフェースを閉じていき、ボールを包み込んでいくようなイメージですね。

 

また、バックスピンをかけるためには、しっかりボールの上から打ちこむことが大切になります。

 

ボールに対して斜め上からしっかり打ち込むことによってボールがフェースを滑り、

フェースにある溝によってボールが逆回転して、スピンがかかります。

 

口ではもうスピンのかけ方なんて、いくらでも出来そうだけれど、

実際にやろうとすると力が入ってしまいトップにダフリになってしまいがちです笑

 

まずは打ち方を練習場で試してみて下さい。

 

練習場では、ボールもツルツルでスピンがかかりにくかったり、

目標になるグリーンもカチカチでスピンがかかっているかどうか判断が難しいです。

 

スピンがかかったボールの場合、打ち出しが低めになります。

 

出玉が高いボールは上手くボールがフェースに乗っていないので、

出玉の高さもスピンがかかっているかどうかの判断材料になりますね!

 

でも、練習をしているうちにフェースにボールが乗るという感覚が徐々に分かってきますので、

まずは練習場でやってみて、コースで試すという流れでやってみましょう!

憧れのスピンアプローチ!打ちかたのコツとは!低く出て止まるピッチショット

 

スピンのかける打ち方の注意点

caution-a

スピンの効いたボールというと、フェースを開いて、ボールの下を通すように

スイングする方がいるけれど、これだと、高いボールになって

ロブショットのようになってしまいます。

 

開いたフェースを閉じてボールを捕まえてフェースにボールを乗せないと、

しっかりとバックスピンの効いたボールにはなりません。

 

フェースを開いてカットに打つとスピンがかかるイメージがありますが、

開いたフェースは閉じてボールを包み込むよう打つのが正解です!

 

バックスピンのかかったアプローチを打つメリットは?

merit-a

スピンをかけるのはそれなりに技術が必要で、難易度の高いアプローチです。

 

ゴルフはなるべく簡単に、シンプルにプレーした方がスコアメイクをしやすいのですが、

プロはよくバックスピンをかけたアプローチを使いますよね!?

 

それは普通の打ち方をするよりも、バックスピンをかけた方がメリットがあるからです。

 

プロのゴルファーがスピンの効いたボールでアプローチをするのは、

なんといっても、距離感を合わせやすいからです。

 

高く上げて、ボールを止めようとすると、距離感や左右にぶれやすくなってしまいます。

 

それに、速いグリーンだとボールが着弾してからのグリーンの影響を受けやすく、

ランが予測しづらくなります。

 

そのため、もっと上手くなりたいゴルファーにとって、

ゴルフのスコアアップには必要なテクニックですね。

 

私の場合、バックスピンよりも、そもそも狙ったところにボールが飛んでいるかの方が

まず問題なんですが笑

 

まとめ

golf-wedge-e

プロゴルファーのようなバックスピンをかけるコツを紹介しました。

 

  • 出来るだけ長くボールをフェースに乗せる!
  • 道具にもこだわる!
  • ボールのライや風向きも重要!

がポイントです。

 

ただ、バックスピンをかけるにはある程度の力が必要なので、

力の弱い女性等には難しいかもしれません。

 

ナイスショットだったとしても砲台グリーンで見えなかったり、

グリーン一面がしっかり見えるホールでスピンがかからなかったりして、

自分のバックスピンを見る機会は意外と少ないです。

 

自分のバックスピンを見るためにも、しっかり練習して、

思った時にかけれるようにしましょう!

 

私はゴルフ練習場に行った時に、スピンをかけたアプローチを練習する時間を取っています。

 

まだまだ、全然完璧ではないけれど、思った通りに決まった時は最高ですよね!

 

次のゴルフで、キュッキュと止めたり、バックスピンで戻してベタピンにつけて

寄せワンでパーを拾ったら、みんなから「おー!やるじゃん!」って

言われるかもしれませんよ!

タイトルとURLをコピーしました