ゴルフボールダイバーってどんな仕事?意外と高収入?資格は必要?

golf-course-ah 未分類

私がゴルフに行くと、ほとんどと言っていいほどやってしまう池ポチャ。。。

 

「私の池ポチャで水深が少し浅くなったかな笑」

なんて言ったら、同伴のプレイヤーが教えてくれたんです。

 

「ゴルフボールダイバーが潜って回収するから、それは無いよ!」

なんて言うんです。

 

「ゴルフボールダイバーってなんだ?」

そんな仕事があるなんて私は全然知りませんでした。

 

聞き慣れないゴルフボールダイバーという仕事が気になったので調べてみたら

けっこう大変だけど意外と高収入な仕事でもあったんです!

 

そこで、ゴルフボールダイバーについてお伝えしていきます。

 

ゴルフボールダイバーとは?

question-b

ゴルフボールダイバーというのはゴルフ場の池に沈んだボールを拾う仕事のことです。

 

ロストボールダイバーとも呼ばれています。

 

池の浅いところに沈んだボールであれば自分で拾うことが出来るかもしれませんが、

池の深いところへ行ったボールは諦めるしかありません。。。

 

池に落ちて拾えなかったゴルフボールは、ゴルフボールダイバーという人が

池に潜って手作業で回収するんです。

 

 

ゴルフ場の景観というのは非常に大事です。

 

やっぱり綺麗なコースを回った方が気持ちが良いですからね。

 

ゴルフ場には少なからず池があります。

 

そして、池があればそこにボールを打ち込むプレイヤーはいます。

 

多少のボールであれば池に入っていても目立ちませんが、塵も積もれば山となるなので、

ボールが池に溜まっていってしまうと、池の中のボールが見えてしまって

ゴルフ場の景観を損なってしまいます。。。

 

そのため、定期的にゴルフボールダイバーがボールを回収する必要があるんです!

 

ゴルフ場のお客さんがいなくなった後やゴルフ場がクローズの日等にゴルフボールダイバーが

池のボール回収作業を行います。

 

ゴルフボールダイバーの仕事は1人では危険なので、

水中のボールを拾う作業員と陸上の作業員で複数人で行います。

 

ゴルフボールダイバーが作業する時はウェットスーツを着て、

ダンクを背負って池に潜っていきます。

 

タンク1本で2時間ほどもちます。

 

池の大きさによって作業時間は変わってきますが、3〜4時間で1つの池の全てのボールが

回収出来ます。

 

1つの池から3000〜5000個程度のボールが拾えます。

 

拾った大量のボールはゴルフボールの洗浄機で綺麗にして、仕分けを行います。

 

ボールを拾う作業はかなり体力が必要ですし、週2、3日がボール拾いの作業日になります。

 

作業日数や作業時間は普通のサラリーマンのように長く無いので、時給の良い仕事ですね!

 

ゴルフボールダイバーをするために必要な資格は?

qualification-a

ゴルフボールダイバーの仕事は危険が伴うので、

日本では国家資格である潜水士の資格が必要になります。

 

海外では資格が無くても出来るところがあるみたいですが。

 

ゴルフ場の池は一見浅そうな感じもしますが、水深が1m位の所から10m位まで様々なんです。

 

水深1m程度であれば歩いて行けますが、水深10mとなるとやはり危険が伴いますよね。。。

 

それに水の中はヒルやヘビといった生き物もいますし、

ヘドロだらけで視界が悪く泳ぎにくかったりするので高い潜水技術が必要です。

 

ゴルフ場の側としても、ゴルフ場内で事故が起きるのは避けたいですし、

きちんと資格を持っていて、かつダイビングのスキルがある方が

ゴルフボールダイバーをするべきですね!

 

そのため、ゴルフボールダイバーをするなら、何年か民間の潜水会社で

実務経験を積んでからの方が良さそうですね。

 

 

ゴルフボールダイバーが回収したボールはどうする?

golf-ball-ai

回収したボールは綺麗にしてからロストボールとして販売されます。

 

ブランドやランク分けが地味な作業になります。

 

ロストボールはゴルフショップやネットオークション等で結構売られていますよね。

 

ロストボールは池の中にずっと沈んでいたボールなので、

ボールによってはかなり劣化したものもあります。

ゴルフボールに寿命はある?交換タイミングは?ロストボールは要注意!
普段何気なく買っているゴルフボール。 実はゴルフボールにも寿命があって、これがスコアに影響するって聞いたら、 寿命ってどの位って気になりませんか? 使用したゴルフボールは傷が付いたら交換したり、ロストボール...

 

とはいえ、表面を綺麗にしておけば新品のように見えるので、

充分にロストボールとして販売が出来ます。

 

ロストボールはボールのブランドや状態等によって販売価格はまちまちですが、

1個あたり50円から400円程度で販売されます。

 

高値で売れるボールがたくさん拾えるほど収入も高くなります。

 

ゴルフボールダイバーは稼げる?

en-a

ゴルフボールダイバーの収入は様々です。

 

年収300万円程度から年収1000万円以上まで幅広いです。

 

ゴルフボールダイバーはゴルフ場と契約している場合もあれば、

フリーランスとしてやっていることもあります。

 

ゴルフ場と契約している場合は固定給になることが多いですが、

フリーランスの場合は拾ったボールを自分でインターネット等を使って販売することで

利益を得ることが出来ます。

 

有名ブランドの人気のあるボールが拾えれば高値で売れますが、

型落ちした古いボール等はやはり安くなってしまいます。

 

とはいえ、ロストボールはけっこう売れる商品なので、

売るために手間はかかるかもしれませんが、

ちゃんと販売のノウハウがあれば月収100万円、年収1000万円も夢ではありません。

 

「ゴルフボールダイバーで年収1000万円」

と聞くと高収入で良さそうな感じもしますが、当然リスクもあります。

 

ゴルフボールダイバーで年収1000万円は可能ですが、

ゴルフボールダイバーで生計を立てるのはやはり覚悟が要りますね。

 

ゴルフボールダイバーは危険?

danger-a

ゴルフボールダイバーは水深の深いところに潜ってボールを拾うこともあるので

危険が伴います。

 

池は一見綺麗に見えても池の中がどうなっているかは潜ってみないと分かりません。

 

表面上は見えなくても池の中に倒木が入ってしまっていることもありますし、

泥が蓄積しているところは、潜っていくと視界がほとんど無い所もあります。

 

そんなところで何かに触れたり、見えてはいけないものでも見えたりしてしまったら

なんて考えてしまうと恐怖しかないですね。

 

また、タンクの残りの酸素量を気にしないと命に関わるレベルで危険だったりします。。。

 

ボール拾いに夢中になって潜っていると、いつの間にか酸素が切れてしまったりするんです。

 

かなり深いところまで潜っていると、水上に上がるまでに時間もかかりますし、

拾ったボールが多ければ多いほど重くなるので水上に上がるのが大変になります。

 

最悪の場合、せっかく拾ったボールを手放してでも、

急いで水上に上がらないといけないなんてことにもなりかねません。

 

判断を間違えたら命取りになります。。。

 

酸素の残量は常に気を配っておかないといけませんね。

 

それにゴルフボールダイバーは水の中に潜る仕事なので場ならまだしも、

少しでも水の冷たい時期に、長い時間潜るのは体への負担も大きそうですね。

 

海を潜る海女さんだって番屋で火に当たりながら仕事しているくらいなので、

冬の池もかなり冷たくて厳しいですよね。

 

それに、ゴルフ場の池によっては水があまり流れていない池もあり、

そういう池は水の匂いがかなり臭くて、潜ったあと匂いが鼻に付いてしまうらしく

お風呂に入ってもしばらくきつい匂いが取れないみたいです。。。

 

匂いが残ってしまうのは嫌ですね!

 

また、海外のゴルフ場では池にワニや毒を持った蛇等の

危険な生き物がいることもあったりするので、非常に危険だったりします。

 

それと比べたら日本の池はかなり安全ですね。

 

まとめ

golf-ball-aj

ゴルフボールダイバーという仕事は大変そうですが、その分収入も良いので

ゴルフダイバーで生計を立てることは充分に可能です。

 

実際にゴルフボールダイバーを生業にしている人もいますからね!

 

ロストボールの販売がいくら稼げるからといって、

無断でゴルフ場のボールを拾ったりしてはだめですよ!

 

ゴルフボールダイバーはちゃんとゴルフ場の許可を得た上で作業していますし、

何より危険ですからね!

 

ゴルフボールダイバーは高収入な仕事になるかもしれませんが、

決して楽して稼げるようなものではありません。

 

ゴルフボールダイバーになろうと思ったらしっかり覚悟を決めないとダメですよ!

タイトルとURLをコピーしました