パターのグリップの選び方!太さ・形状・交換方法や値段について!

golf-putter-i 未分類

ゴルフを始めたての頃はスイングが出来るようになるのに必死でした。

 

そして、コースに出れば、ダフリにトップで走り回ってばかりのゴルフ。

 

そのころは、パターなんて何を使っても同じだと思っていて、

最初に買ったものをそのまま使っているだけでした。

 

ゴルフを続けていて、スコアが少しずつ良くなってくると、

パターの大切さを痛感するんですよね。

 

そんなパターですが、最近は様々なグリップが出てきています。

 

ゴルフ好きのあなたはスコアアップのためにクラブのシャフトを変えたり、

錘を付けてみたり、カスタムしているんじゃないでしょうか?

 

スキルアップすればするほどいろいろ自分に合ったクラブにしたいですよね!

 

でも、パターは買ったものをそのまま使っているという方が多いのではないでしょうか?

そして、

「なんとなくタッチが合わないな」

とか

「パターは好きじゃないし、苦手だな」

なんて思ってはいませんか!

 

パターは「パットイズマネー」と言われるほど、スコアメイクにおいて大事なんです!

 

ドライバーショットもパッティングも一打ですからね。

 

今回はパターのグリップのカスタムをご紹介します。

 

流行りだけではない、パターグリップの大切さについて調べてみました!

 

パターが入らなくて悩んでいる皆さんは、ぜひ参考にしてみて下さい!

 

パターのグリップの選び方

golf-putter-j

様々なパターのグリップが販売されていて、何をどう選べば良いか分かりにくいですよね。

 

結論を言ってしまうと、自分の感覚に合ったグリップを見つけるのがベストです。

 

グリップの種類によって、様々な特徴がありますが、

結局の所、パッティングは感性による所が大きいです。

 

パターのグリップには太さや形状、素材・重量、コードの有り・無し等

様々な要素がありますが、トッププレイヤーでもパターのグリップは全然違うものを

使っていたりするので、絶対的な正解はありません。

 

パターのグリップの要素の中でも太さや形状は性能に大きく影響するので、

傾向を紹介します。

 

パターのグリップの太さについて

パターのグリップの太さは一概に、太いものが良いとか、細いものが良いとは言えません。

 

パターグリップの太さは、パッティングの操作性に大きく影響します。

 

それぞれに特徴があって、自分の苦手を補ってくれるものを選ぶのがベターです!

 

グリップが太いと安定する!

パターのグリップが太いものは握ったときに無駄な力が入らず、

安定したストロークをすることが出来ます。

 

グリップが太いほど手首の動きが抑制され、振り子の要領で大きくゆっくりとした

ストロークになります。

 

インパクトの時にパンチが入ってしまったり、右に押し出してしまったり、

ひっかけやすい方や、毎回同じストロークが出来ない初心者の方にも

太いグリップはおすすめです。

 

太いグリップは一般的に販売されているのは大きいマレット型のヘッドに

付いていることが多いです。

 

ちなみに、一流のメジャー選手たちや人気女子選手たちも太いグリップを使用しています。

 

私は、割と不器用だから、手首の動きを抑えるような打ち方をするようにしているので

太めのグリップの方が好きですね。

 

グリップが細いと操作性がいい!

グリップが細いと手首が自由に操作することが出来ます。

 

そのため、太いグリップに比べてロングパットの距離感が調整しやすく、

インパクトの強弱で打つような方にマッチします。

 

繊細なタッチが出来るので、パターの距離感や方向性を感覚で打つ方におすすめです。

 

一般的にはピン型やL字型等のヘッドが小さいパターに付いていることが多いです。

 

タイガー・ウッズはずっとPingの細いグリップを使っているこのが有名ですよね。

 

太いグリップは最近流行出したので、古くからは細いグリップが主流でした。

 

グリップの形状も大事!

ゴルフのルールで、パターのグリップだけは、平らな面があっても良いことになっています。

 

だから、パターグリップは、太さだけではなく、形も様々なものがあります。

 

従来からのグリップは「テーパーグリップ」といい、

手元が太く下に行くにつれ細くなっています。

 

そのせいで手首が動くようになり、操作性は良くなりますが、ストロークが安定しにくく

ミスが多くなります。

 

その一方で、最近人気が出ているのが、「ノーテーパーグリップ」といって

グリップの太さが一定で変わりません。

 

そうすることにより、本来の握り方をすれば利き手に余分な力が入りにくくなり、

ストロークが安定して、ミスが減ります。

 

握り心地もしっかり確かめよう!

パターのグリップは素材によって握り心地やフィット感も変わります。

 

ラバーグリップであれば柔らかめですし、レザーやコードが埋め込まれている

グリップであれば硬めになります。

 

私は、柔らかい方が好きなので、ラバーグリップを選びがちです。

 

パッティングは感性をフルに使うので、握った感じがしっくりくるグリップを見つけましょう!

 

パターグリップを選ぶ時の注意点

セオリーの通りにならないこともあるのがゴルフです。

 

パターグリップの太さを変える時は、一般的な考えをもとに、

自分に合うものを見つけていくのが良いです。

 

振り子のように打っているんだけど、実は細い方が良いって人もいますからね。

 

また、交換するときは、パターグリップの重量にも気を付けることが必要です。

 

あまり大きく重量が変わってしまうと、バランスが変わってしまい、

パターの振り心地が変わってしまいます。

 

バランスが変わることでかえって打ちやすくなる方もいるからゴルフは難しいですよね。

 

私は、ノンテーパーで、少し太めのものを使っているんだけど、

重量が変わるのが嫌で、今までのものと似た重量のものをだいぶ探しました。

 

パターグリップの値段は?

パターグリップは本体の値段は大体1000円〜6000円くらいです。

 

ピンキリなのでちょっと値段に幅があります。

 

パターのグリップの交換方法

golf-grip-exchange-goods-a

パターのグリップってちゃんと交換していますか?

 

ドライバーやアイアンほどではないですが、パターのグリップも劣化するので、

定期的な交換が必要です。

 

いざ、パターのグリップを交換しようと思うと何をしていいか分からないですよね。

 

お店でグリップを買ったついでにしてもらうのがいいとは思いますが、

どうせなら自分で交換してみたくはありませんか?

 

自分でグリップ交換すると、クラブに愛着がわきますし、

ますますゴルフを頑張ろうという気持ちになりますよね!

 

そこで、ご自分でグリップを交換する方法をご紹介します!

 

パターグリップの交換手順

パターのグリップ交換は通常のクラブのグリップ交換と同じ手順です。

  1. グリップを切る
  2. テープを剥がす
  3. テープを貼る
  4. グリップを挿す

の4つの工程があります。

 

しっかりとおさえておくポイントさえ守れば、30分ほどで

グリップ交換をすることが出来ますよ。

 

ゴルフショップ等でグリップ交換のために必要なものがそろったキットが売っているので、

初めての場合はそのキットを使う事をおすすめします。

 

グリップを切る

新しいグリップに交換するとなると、今付いているグリップを剥がさなければなりませんよね。

 

グリップを切る専用のカッターがあるので、専用カッターを使いましょう。

 

市販のカッターでも大丈夫ですが、専用カッターの方が使いやすいですし、

安全なのでそちらを利用するのがおすすめです。

 

パターをしっかりと固定し、グリップエンドに向かって切っていきます。

 

この時、カッターを自分に向かって切っていくと手を切る等の

怪我をしてしまうことがあるので、必ず、グリップエンドに向かって切っていきましょう。

 

また、カッターでシャフトを傷付けないようにも気を付けて下さい。

 

しっかり固定する時に、シャフトに力をかけすぎて折ってしまう可能性があるので

気を付けましょう。

 

テープを剥ぐ

グリップを切って取ると、シャフトにテープが付いているので、

このテープもしっかり剥がします。

 

この時、テープが取りにくい時はドライヤー等で温めると剥がしやすくなりますので

試してみて下さい。

 

テープを剥がすときもグリップエンドに向かって剥がすと剥がしやすいです。

 

テープを剥がしたら、潤滑スプレー等をテッシュやタオルに付けて残っている

汚れ等をしっかり落としましょう。

 

汚れ等が残っていると新しくグリップを付けたときに凸凹になってしまうので、

必ず、しっかり落として下さいね!

 

テープを貼る

シャフトを綺麗にしたら、新しくつけるグリップの長さに合わせて両面テープを付けます。

 

シャフトに目印をして、グリップエンドを少し残しておき、

空気が入らないようにグリップエンドまでしっかり貼りって下さい。

 

この時、空気が入ってしまうと、シャフトにごみや水が入りやすくなり、

シャフトが錆びるもとになってしまうので、気を付けて下さいね。

 

両面テープを貼ったらいよいよグリップを付ける工程です。

 

グリップを挿す

グリップ交換液をたっぷりとグリップの中に入れ、グリップを挿しこんでいきます。

 

この時、グリップが伸びないようにある程度挿したら、引っ張るのではなく、

グリップエンドを押しこむようにして下さい。

 

入れ始めはなかなか入りにくいですが、焦らず、ゆっくりと挿していって下さいね。

 

最後、机にタオル等軟らかいものを置いてその上から

グリップエンドを押し組むように押すと、しっかりと奥まで挿し込めます。

 

挿し終わったら、24時間は乾かしておきましょう。

 

乾く前に使ってしまうと、グリップが歪んだり、変形してしまう元なので、

乾くまで焦らず待っていましょう。

【ゴルフ工房】初心者でも自分で出来るグリップ交換 実践 ゴルフ説明動画

 

まとめ

golf-putter-k

今すぐ、自分に合ったグリップを見つけに行こうと思ってもらえたでしょうか?

 

パターグリップの太さや形状について考えてみたけれど、スコアに大きく影響しそうですよね。

 

選ぶ時のポイントは、「太さ」「形」「重量」ですよ。

 

グリップにも規定がありますが、基本的にお店で販売されているものは

既定の範囲内ですので、安心して下さい。

 

また、人それぞれ手の大きさが違うので、お店で実際に握って確かめてみて下さい。

 

パターグリップは、いろいろな種類のものを試せば、

きっと「これだ!」というグリップが見つかりますよ!

 

次のコンペは、パターグリップの太さを見直して、ベストスコア更新しちゃいましょう!

タイトルとURLをコピーしました